相次ぐ山火事

ナパエリアなどワインカントリーの山火事は懸命の努力により

50%以上が鎮火されました。

朝起きたら、今度はシリコンバレーの反対側、

サンタクルーズマウンテンで新たな山火事が発生しています。

こちらはパロアルトから43マイル、70キロくらいの風光明媚な山間いで、

通勤距離なために知り合いも住んでいます。

 

去年もこの近くで山火事が発生し、ブログにも書きました。 

siliconvalleyway.hatenablog.com

 

今朝のニュースではエリアに避難指示が出ていて、鎮火できたのはまだ5%、

消火にあたっている消防士にけが人も数名でているよう。

被害が広がらないよう祈ります。

 

山火事の消されたエリアにcontainという表現を使う事は以前書きました。

さらに気になる表現にfirst responderというのがあります。

文字どおり、最初に通報を受けて活動している人の事ですが、

最近では最初の人一人だけでなく、

消防士や警察官、救急救命士やボランティアまで

救助活動に当たる人たち広くにニュースでは使われています。

 

火事と喧嘩は江戸の華なんて言葉があります。

日本も昔は火事が多かった。

自然の状態では火事というのはもっと身近なものなのでしょうか。

むしろ、火事が減った現代に生きている事に

感謝しなくてはいけないのかもしれないな、

なんて考えている今日この頃です。

 

山火事の影響による大気汚染状況

北カリフォルニアの山火事は少しずつではありますが、消火が進んでいます。

ベイエリアの空も少し青さを取り戻し、目に見える煙はほぼありません。

それでもPM2.5粒子は"Unhealthy"なレベルが続いているので警戒は必要です。

特に風が北向きになる夜間は数値が高いです。

 

色々なウェブサイトがありましたが、ここは具体的で個別データを見られました。

Air Monitoring Data

 

こちらで全米データと見比べると、いかにこのエリアの大気状態が悪いかわかります。

 

airnow.gov

 

昼間は風向きが海から陸に向かい、

弱いながらも煙はベイエリアとは反対側に向かうのですが、

夜には山からの風向きに変わります。

朝晩は気温も下がって来ているので、

微粒子の飛散する高さも下がるのではないかしら?

個別データの値が高くなるのも納得。

 

エリアのお店ではマスクが売り切れ。

アマゾンの2day shippingとかは利用できます。でも配達予定日は2週間も先。

日食の時もメガネが同じ状況でしたけど、これって広告に偽りあり!って奴ですよね。

 

マスクの種類は、日本でよく見かける平たい四角いものではなく、

N95かN100という規格のもの以上が勧められています。

f:id:SiliconValley:20171015015525j:plain

こんな感じ。

うーーん、ファッショナブル。。。

 

ハイスクールのフットボールゲームは残念ながらキャンセルされました。

今夜のスタンフォードのゲームは開催されます。

 

今回の火事で、カリフォルニア州全ての車の一年分の排気ガスに匹敵する汚染物質が

わずか2日間で排出されたとの記事がありました。

スポーツ観戦にガスマスクを勧めたいくらいだわ。

 

極力インドアで過ごす生活がもう少し続きそうです。

領事館からの注意喚起メール 加州北部地域で発生した山火事関連情報等の入手について

Wine Country Fire, Tubb's Fireなど色々な呼び方をされている大規模な山火事の影響で

ベイエリアにも煙が流れ込んで来ています。

我が家は仕舞い込んでいた空気清浄機と

ついでにコタツを出しました。

子供が小さな頃にはこまめに空気を清浄していたのね〜遠い昔だわ。

 

学校は基本的に屋外での行事を中止し

クラブ活動や試合などもなくなりました。

徒歩や自転車での通学を止め車で来るように呼びかけていましたが、

今日は結構 walk and roll組を見かけました。明日はもっと増えそう。

この辺は自己責任の文化で、強制はされません。

 

長期化が予想されるので、今後のイベントなどどうなるか心配です。

高校は一年で最も盛り上がるホームカミングが今月末に予定されています。

 

さて、領事館からの新たな注意喚起メールが来ましたので、以下に転載します。

 

 

 

○  テレビ、ラジオ等のニュースをはじめ、インターネット等を活用して常に最新情を入手していただくとともに、必要な対策を行い、安全の確保に努めて下さい。
○  ご家族や同僚の方などと連絡がとれなくなっている、被災し旅券等を焼失した等の被害に遭われた方等は、総領事館にご相談下さい。



12日現在,8日に発生した複数の山火事については、消防当局による懸命な消火活動が続けられておりますが、延焼地域は拡大しており、これを受けて避難命令や勧告地域も増加しております。
つきましては、本件山火事の影響が広範囲にわたり、その影響も長期化することが予想されることから、テレビ、ラジオ等のニュースをはじめ、インターネット等を活用して常に最新情を入手していただくとともに、必要な対策を行い、安全の確保に努めて頂くようお願いします。
下記に山火事情報等の入手に役立つインターネットサイトを掲載いたしますので、ご活用下さい。

○ カリフォルニア州森林管理・防火局(California Department of Forestry and Fire Protection)
http://www.fire.ca.gov/current_incidents/
※同サイトの「Evacuation Info」より避難命令・勧告地域などの情報を得ることができます

○ カリフォルニア州知事緊急対策局
http://www.caloes.ca.gov/ICESite/Pages/October-2017-Northern-California-Fires.aspx
  ※避難施設や各自治体へのリンクが張られています。

○ AirNow
https://airnow.gov/index.cfm?action=airnow.local_city&zipcode=94111&submit=Go
※お住まいの地域におけるP.M2.5等の大気の状況が確認できます。

○ Ready
https://www.ready.gov/wildfires
※山火事への対応や避難準備等、緊急時における対処方法の説明がされています。

本件山火事の発生により、発生地域周辺にお住まいの邦人ご家族や同僚の方などと連絡がとれなくなっている場合には、総領事館までご相談下さい。
また、被災者の方で、旅券等を焼失した等の被害に遭われた方につきましても、お早めにご相談下さい。

このメールは在留届にて届けられたメールアドレス及び「たびレジ」に登録されたメールアドレスに自動的に配信されております。

【問い合わせ先】
在サンフランシスコ日本総領事館・領事部
電話:415-780-6000  FAX:415-767-4200
ホームページ:http://www.sf.us.emb-japan.go.jp/itprtop_ja/index.html

サンタローザ、ナパエリアの山火事の煙

山火事のサンタローザからパロアルトまでおよそ75マイル(120キロ)。

通常、この辺りの風速は時速1マイル以下、

部屋の窓の両サイドを開けていても風が通らないほどで、ほぼ無風に感じます。

山火事の知らせを聞いた日は

かすかに暖炉を燃やしているような焦げ臭い匂いが漂っていて、

NOAAやNASAの衛星データから、

ああ、暖炉ではなく火事の煙がこっちにも来ているんだなと確認する程度でした。

 

初日に避難して来た知り合いの家族が車の限られたスペースに積んできた荷物が

アップルコンピューターの記念すべき初期作品”Lisa(リサ)"でした。

うんうん、大事だよね。

 

発生から3日目の今日は午後から視界が悪くなって来ました。

f:id:SiliconValley:20171012150740j:plain

 

遠い木の間から煙が見えたので、

最初は近所のどこかも火事になったのかと慌てて外に出て確認したほどです。

匂いもかなり強くなって来て、外で体を動かすのは避けたい感じ。

これだけ離れた所にこんなにも煙が来るなんて。

この煙からも被害の大きさが推測されますね。

 

太陽がまだ高いのにいつもより赤く夕焼けのよう。

今日の天気は晴れ。本来は青空が広がっています。

f:id:SiliconValley:20171012153244j:plain

学校からも明日は自転車や徒歩ではなく、

車で、できればカープール(乗り合い)をして来るようにとの通達がありました。

いつもWalk and Rollキャンペーンなどと言って車を避けて徒歩や自転車で

なんて逆の事を言っているので、これは深刻です。

 

ちなみにアメリカとは言っても、パロアルトは小学校がかなり至近距離にあり、

徒歩圏内を謳っています。

道路も自転車用に整備され、

登下校時刻に主要交差点には緑のおばさんならぬcross guardが

赤いストップサインを持って立ちます。

 

うちのエリアは中学も高校も自転車通学が主流で、

中学は自転車通学の生徒数が全米一になって表彰された事があると

聞いた事があります。

それだけ自転車通学に力を入れているのに、車で来いと言われるのは初めて!

 

明日は外でのPE(体育)はもちろんの事、ランチやスナック、

休み時間も室内にいるようにとの事です。

(教室の移動とかすごく遠いのよ〜。

そこは外を歩かなくてはいけないのが母は心配だわ。)

 

車のラジオからは"almost 0% contained"という言葉が虚しく繰り返されました。

〜山火事で何%鎮火されたかという時にcontainという言葉を使います。

 

昼の時点では消火できたエリアはないに等しいと放送されていたのですが、

今、夜になってウェブを見ると数%ですが、消火は進んでいるようです。

 

近所の消防隊員も消火に駆けつけています。一刻も早い鎮火を祈ります。

領事館からの注意喚起メール サンタローザ、ナパエリアの火事

朝ニュースをつけたら信じ難い光景に目を奪われました。

山火事といってもいつもと訳が違います。

サンタローザの火事、山というよりも町です。人が沢山住んでいます。

ワインで有名なナパやソノマ、水の綺麗なカリストガは観光地です。

ローカルニュースはひたすら火事の中継で他のニュースは入りませんでした。

かなり広い範囲で途切れた状態で火事が発生していて、

道路も大幅に閉鎖されています。

 

エリアのヒルトンホテルとか、燃えていました。

まだソーシャルネットワークを今日は見ていませんが、なんだか見るのが怖い。

 

午後になって領事館から注意喚起のメールが入りました。

一年の間に、こんなに領事館からのメールが続くなんて。

 

そのまま転載します。

 

ベイエリア北部地域における山火事(注意喚起)

 

○ サンフランシスコ湾北部で発生した山火事がナパ郡、ソノマ郡等に拡大し、各地で避難勧告が発出されています。
○ 報道や当局の発表等により最新情報を入手頂き,安全の確保に努めてください。また,退避勧告の出されている地域に在留又は滞在されている方は,当局の指示に従い速やかに安全な場所に移動していただくともにご自身の無事をご家族などへお伝えください。


在留邦人・旅行者の皆様へ

報道等によると,8日(日)夜にサンフランシスコ湾北部で発生した山火事は,夜間の強風により拡大し,ナパ郡、ソノマ郡等7郡(NAPA,  SONOMA, BUTTE, NEVADA, CALAVERAS, LAKE, YUBA, TEHAMA, MENDOCIN)において現在少なくとも10カ所で火災が拡大しています。
各地で避難勧告が出されており、また,幹線道路等も閉鎖されている箇所があります。
報道や当局の発表等により最新情報を入手頂き,安全の確保に努めてください。また,退避勧告の出されている地域に在留又は滞在されている方は,当局の指示に従い速やかに安全な場所に移動してください。
なお,被害が発生している地域に在留・滞在されている方は,ご家族・ご友人が心配されておりますので、ご自身の無事をご家族などへお伝えください。
山火事情報:http://www.fire.ca.gov/current_incidents/?page=1

このメールは在留届にて届けられたメールアドレス及び「たびレジ」に登録されたメールアドレスに自動的に配信されております。

【問い合わせ先】
在サンフランシスコ日本総領事館・領事部
電話:415-780-6000  FAX:415-767-4200
ホームページ:http://www.sf.us.emb-japan.go.jp/itprtop_ja/index.html

Data Breach・相次ぐ個人情報流出〜高校の成績編

前回エキファックスに対する怒りをブログでぶつけたら

何だかスッキリしてしまい、

高校で起きた事件に関しては大した事ではないように思えてきてしまいました。

 

でも本来はこちらの話が本編なのできちんと書きましょう。

 

何でもかんでも情報が流出してしまっている近頃、

今度は子供が被害に遭いました。

 

パロアルトの公立校では成績がウェブ上で管理されます。

今はSchoologyとInfinite Campusというウェブサイトが主に使われていて、

学校の宿題の提出状況、テストの点数、宿題、出席、

先生からのメールなどの情報が集積しています。

高校になると更にNavianceというシステムも使用して、

成績データを活用し、複雑な大学受験の手続きに役立てます。

  

親と子にそれぞれアカウントが割り振られ、

我が子の学習進捗状況が家にいながら見られる訳です。

 

子供達はシステムを使って、今日の宿題はどれだろうかと見たり、

学校を休んだらそこから情報を得たり、宿題もウェブから提出します。

 

勉強している間は鉛筆の音が鳴り響くとか、

右手が鉛筆で黒くなるとか、鉛筆回しの腕が上がるとかが少ない訳です。

 

子供のパソコンに向かう時間を制限したいと思っても、

学校からはクロームブックが無償貸与されてしまうので、

スクリーン時間はなかなか減らせません。

勉強しているのか余計なことをしているのかも判断がつきづらいです。

 

昔だったら学校が嫌で”学校が火事にならないかなぁ〜”などと考えていた子供は、

現代ではそのシステムにハッキングを仕掛けたりします。

 

ここはシリコンバレー。

小学生でゲームソフトくらいは作ってしまう子供達が珍しくありません。

以前からちょくちょく学校の登録情報や成績を書き換えようとした例は耳にしました。

 

もしかして成功した事例もあるのかもしれませんよ。

あとは校長先生になりすましてソーシャルネットワークに発言を続けるとか。

友達のアカウントをハッキングして勝手に発言してしまうとか子供らしいいたずらも。

 

ハイテクではない高校生のいたずらとしては

学校で非常ベルが生徒によって鳴らされた為、こちらのルールで

全生徒が授業を中断し、外に出なくてはならないいたずらが3回も続きました。

消防署の人が駆けつけてシステムをリセットするまで外にいなくてはならず

とっても迷惑だったようです。

(高校生の私だったら楽しんだろうなという気もします。)

 

さて、今回は成績データの集まるInfinite Campusのデータが盗まれて

10年生から12年生までの名前、成績、学生番号などが

いたずらのウェブ上に全て載せられたようです。

 

そのウェブの名前は"Paly rank check"。

Palyは高校のニックネーム。

 

ウェブに自分の学生番号を二種類入力すると

Weighted GPAと呼ばれる計算された自分の成績スコアや

クラスでのランクが見られるというもの。

 

一覧表ではなく、番号を知っている本人が見られるような仕組み。

IDを二種類入力させたり、

ロボットではありませんボタンもクリックさせるという配慮があり、なかなかの出来。

自分が学生だったら見たいと思う情報。いたずらと呼ぶには惜しい気も。

匿名のドメインで作成されています。

 

恐らくハッキングの犯人は生徒でしょう。

違法性はないようなのですが、学校側が隠したい情報でもあるので

ウェブサイトは削除されました。

詳しい事は調査中との事です。

 

この情報を告発したのも学生達が作っているニュースメディア。

PALYのメディアは色々と有名で全米一とも言われています。

Ester Wojcickiさんというタイムマガジンなどにもフィーチャーされる

すごく有名な凄腕先生がいるのです。

数種類ある学生メディアも色々とスクープ記事を連発し、私を驚かせます。

いつかこの話もブログに書きたいわ。

 

・・・とここまで書いた所で、休憩していたら

新たな情報が同じメディアから発信されました。

一つ目のサイトはクローズしたのですが、

新たにpalyrank.cfなるウェブが発見されたとの事。

 

学校のスタッフが働きかけて、このサイトは今休眠状態となっているそうですが。

いつかまた眠りから覚めてしまうかもしれませんね。

最初の一つだけなら生徒のいたずらかもと微笑ましくも思ってましたが、

なんだかイタチごっこが続きそう。

そして犯人は生徒じゃないかも・・・という思いと不安が・・・。

 

子供達の成績ランクが一生インターネットから消える事なく残るのでしょうか?

あ〜もっとお尻を叩いて勉強させとけば良かった。そんな問題ではないですね。

 

これからの世の中に一抹の不安を覚えます。

 

siliconvalleyway.hatenablog.com

 

Data Breach・相次ぐ個人情報流出〜エキファックスの○○野郎!編

アメリカに引っ越して来てから

どれだけ個人情報流出のお知らせを受け取った事でしょうか。

 

もともと個人情報に関する意識も日本と違いを感じます。

Facebookには文字どおり顔が溢れ、子供や家族の幸せそうな顔や名前がいっぱい。

集団宛のメールもBCCなどにはせず、

そのメールを受け取った人のアドレスが初対面同士だとしても包み隠さず現れ。

学校の名簿も大半が住所、電話番号、メールアドレス、携帯番号を明記。

オンラインで共有してます。

ダイレクトメールが次々くるのはこういう所から。

だからと言ってアメリカ人が個人情報の流出で困らない訳ではありません。

 

最近巻き込まれたのがEquifax・エキファックスという

個人の信用情報を預かる大手企業のデータブリーチ。

 

アメリカではクレジットスコアと言って、

個人のクレジットカードやローンの返済具合から、この人は60点とか40点とか

勝手に点数がつけられてしまいます。

 

アパートを借りる時やクレジットカードやローンを申し込む時などは

この点数が参考にされます。

 

ローンを組んだ事がないとクレジットヒストリーがないために点数が低いのです。

渡米直後はこのクレジットスコアを上げるために

わざわざ車をローンで買ったりしました。

クレジットカードを使う時は期限内にお金を返済するのはもちろん、

限度額の3分の2位を使ってきちんと返済するとか工夫をしたり。

クレジットスコアが個人の大切な信用情報だからです。

 

そうした貴重な情報を扱っていた大手3社のうちの一つから情報が流出した訳です。

日本でもニュースになりましたが、これは実は大ショックな話!

 

クレジットカード情報はもちろん、住所、電話番号、生年月日、運転免許番号、

他人には教えていけないとされるソーシャルセキュリティ(社会保障)番号まで。

ローン等を申し込むのにこれ以上、何が必要ですか?っていう

渡したくない情報が全て1億4千5百50万人分!

 

さっくり1億とか言ってますけど、えっと、クレジットカードを持っている人は

全米に何人いるんでしょうか?これってほとんどじゃないですか?

 

早速ググった所、人口3億2千万人ほどのアメリカの人口のうち、2割弱が15歳未満。ちなみに同じく2割弱が60歳以上。

クレジットカードを持たない所得層もいる事を考えると、

全米でクレジットカードを持っているかなりの人たちの個人情報が

ごっそり流出してしまった訳です。ショーーック!

 

やらかしてしまったエキファックスのウェブから

自分の情報がどうだったのか確認ができます。心配な方は是非。

 

https://trustedidpremier.com/eligibility/eligibility.html

 

そしてご想像通り、我が家も御多分に洩れず。夫婦とも。あーーー(涙)。

 

この前はウェブサイトからホテルの予約をしたら、

そこから情報が漏れたそうで連絡が来ました。

クレジットカード番号や住所等が流出しています。

 

その前は健康保険会社の情報が流出しました。健康情報が流れています。

 

ターゲットのお買い物情報流出には引っかからなかったけど、

もう私のプライベートな情報ってどれなんでしょう?

 

この手の連絡は前にもいくつかありましたが、

ソーシャルセキュリティを含む、これだけ重要なデータが流出したのは初めてです。

 

今や名前から顔写真だって簡単にサーチできます。

 

これだけの情報があれば、ローンやクレジットカードの申し込みはもちろん、

いろんなアカウントが世界中に作れますよ。

知り合いは自分の名前で勝手に家のローンを組まれてしまった事がありました。

気づいた所は良かったのですが、その後処理は相当大変だったようで、

げっそりしていました。

 

今、エキファックスは一年間無料で個人情報の悪用を監視する保険に入れますと、

このウェブサイトから、私の嫌いな保険に勧誘をしている。

1年経ったら有料にするんじゃないの???

 

そして巧みに誘導されて、そこにまた大切な個人情報を入力している私。

あ〜本当に保険ってだから嫌い!不安心理につけこんで、外せない。

 

エキファックスからはまだ直接何の連絡もありません。

彼らはウェブやメディアでちょっと謝ってるだけ。

 

ベネッセの情報流出事件の時は会社がメチャクチャ謝っていて、

さらに五百円の図書券が送られてきましたけど、えらい態度の違いですね。

(これも海外に住んでると使えなくて、結局あげちゃいましたが。)

謝罪の文化もだいぶ違います。

 

 

書いている内についつい熱くなって長くなってしまいました。 

エキファックスの件は高校で起こった情報流出についての前振りの話題だったのです。

本題は改めて書きます。

続きを読んでね。近々UPするつもりです。