中学校のオープンハウス

昨日の夜、中学校のオープンハウスに行ってきました。

先生が普段子供達が学んでいるプロジェクトなどを展示した教室を解放してくれます。

親は子供と一緒に語学や数学などの部屋を回りながら、

どんな事を学んだのか説明してもらったり、

そこにいる先生や友達ファミリーと談笑したりする事ができます。

 

小学校までは送り迎えで毎日先生と話をする機会がある上にボランティアも沢山。

プリントも沢山持って帰ってくるので、

子供が今どんな勉強をしているか、

誰と仲良くしてるかなどがいつでもすぐにわかります。

 

それが中学になると自分で自転車で通学するようになったし、

ボランティアの機会も激減。

ボランティアをしてもクラスの中で子供とべったりというものが減ってきます。

ライブラリーで長い時間本の修理などをして過ごして、

我が子の姿は一瞬たりとも見かけないとか、いても向こうが近づいてこないとか。

 

中高生になると子供達はいつも携帯にEarbud・イヤーバッド=イヤホンをしていて、

何か話しかけても無視されたり、

返事をしてもらえても"nothing"とかかったるそうに返されたりの日々。

学校から帰ってきて”ママ、あのね、今日ね、こんな事があったよ”とか

天使のような笑顔で語ってくれた日々を

涙を浮かべながら思い出す生活になるのですよ。

 

親も嫌われたくないから、

知りたいけどあまり学校生活の事とかを根掘り葉掘り聞けずじまい。

何も知らないうちに、オフィスから怪我したとか、

カウンセラーや校長先生から問題がありました〜とか

突然電話がかかってきたりするのが中学生活。

上の子の時もそうでした。

 

だからオープンハウスも恐る恐る下の子に”あるけど行く?”って聞いてみたのです。

そしたら案外素直に”行く”との返事。

実はその時間は習い事があるのですが、その先生が嫌いになってしまったので、

それよりはオープンハウスの方がましだと考えたんだと思います。

 

私はポーカーフェイスを装いながら嬉々として学校へ向かいました。

行ってよかった〜。

 

色々とプロジェクトの説明をしてくれて

(実は日本語で解説してもらったから言葉足らずで全然何を言っているかわからない。

うちの子は日本語が弱いのです。

でも英語だったら私が理解できないから、これはしょうがない。)

次々と教室も回ってくれました。

子供の大好きな先生と会話もできたし、

友達とのやり取りも垣間見れたし、

何より自分に子供が話をしてくれる事が嬉しい、嬉しい!

 

調子に乗って教室で二人一緒のセルフィー(自撮り)をしたら

ムッとされましたけどね。母はそんなの構わないのよ〜。

 

ポエムを集めたファイルとかもすんなり見せてくれました。

自分が中学の頃だったら親になんて見せられないで抹消してただろうな。

つまり自分よりは素直に育ってるんだなぁ。

 

学校生活はそれなりに楽しんでいるようなので、安心です。

 

理科のコーナー。

子供の必需品、Earbud・イヤーバッド=イヤホンの仕組みを

わかりやすく説明してくれています。

分解した現物の展示と

プラスチックカップを使って同じ原理の大型Earbud模型を作ってくれました。

結構シンプルで驚いた。先生ナイス!

f:id:SiliconValley:20190517134211j:plain

Earbud

 

私以上に子供と疎遠になっている父親にもチャンスをあげられれば良かったな。

オープンハウスはこれがラストチャンスで、もう秋からは高校生なのだ。

 

超有名な高校の先生

PALY=パロアルトハイスクールの有名な先生と言えば、ダントツでこの人です。

Esther Wojcicki・エスター ヴォイチッキさん。

苗字の発音はわかりません。ウォジチッキの方がしっくりくる。通称Wojさんです。

 

とにかく格が違うのです。

こんなに偉い人がもう35年もPALYの先生をやっていてくれる事に感謝です。

 

1984年に20人の生徒と一緒にPALYのジャーナリズムを始め、

今や立派な建物を持ち、全米一と呼ばれるプログラムにしました。

彼女もプログラムも沢山のアウォードを受賞しています。

高校の新聞とかマジで面白いですよ。スタンフォードとかの新聞より好きです。

高校にはスポーツ紙もファッション誌もアート専門誌もありますし、

もちろんテレビやラジオもあります。

かなり子供達の自主運営によるものですが、

きちんとした指導がなければあんなに発展しません。

 

オバマも大統領時代に訪れていますし、

先日カリフォルニア州知事が就任した際にもPALYのメディアを訪問していました。

アカデミー俳優のジェームズフランコが彼女をものすごく慕っているのは有名ですし、

教え子にはメディアで活躍中の人やテックカンパニーのオーナーなどが

名を連ねています(・・・ってシリコンバレーですからねぇ。)

スティーブ・ジョブズの子供のメンターでもあるとか。

 

そんなWojさんが何よりも有名になったのは3人の娘達がみんな優秀だからでしょう。

 

ちょうど今タイムマガジンが記事にしていますが、

以前は娘達も同誌に大きく取り上げられていました。

一人はユーチューブのCEO、

もう一人は遺伝子解析の会社23andMeの創業者でCEO、

残る一人はUCSF(UCサンフランシスコ)の教授、

医学ではスタンフォードよりすごい所です。

ご主人もスタンフォードの名誉教授です。

グーグルの創業当初から色々と世話をしていたそうで、その絡みもあるようですよ。

 

いずれにしてもすごい世界です。

 

そんな人が普通に高校で教鞭をとってくれるんですから子供達は幸せです。

どこまで価値がわかってるでしょうか。

 

彼女が、どうやって子育てをしたかまとめた本を出版したので

今学校も一丸となってキャンペーン中。

子供達を信頼して色々と任せたそうで

リスペクトとかいくつかキーワードが出てきます。

 

彼女はロシア系ユダヤ人ですからね。

なんだかんだ言ってやる時はやる行動力のある人だと思いますよ。

こりゃ〜私も本を読まなくっちゃいけませんね。

我が家の子育てにまだ間に合うかなぁ?

 

本はこちら!

タイムマガジンの記事

ちょっと前の記事

 

 ブログの過去記事

siliconvalleyway.hatenablog.com

 

急に有名になった高校の先生

先週はTeacher Appreciation Week・先生に感謝する週という事で

高校の先生について少しご紹介します。

本日は突然人気者になってしまった若い先生。

 

クイズ番組、Jeopardy!・ジェパディー!のセミファイナリストです!

ジェパディー!はアメリカのクイズ番組で最も権威あると言っても

過言ではないのでしょうか?

1964年から放映されているそうです。

 

回答者3人がお金をかけて問題を選択し、最後に沢山お金を残した人が勝ち。

ゲーム問題はカテゴリー毎に分かれたパネルから選び、

獲得賞金が高いほど、難易度も高い。

なんとなくわかるかしら?

日本でこれを模した”クイズグランプリ”という番組が放映されていました。

・・・これもまた古い話ですが、この番組知ってるかも・・・

 

先週からジェパディー!もTeacher's Tournament・先生特集です。

 

https://www.jeopardy.com

 

そこに登場したパロアルトハイスクールの若い先生、スペイン語の先生だそうです。

わずか100ドルの掛け金を1万5千ドル以上にしてセミファイナルへ。

 

最初テレビに出演が決まった時は学校のメディアが小さく報じたくらいでしたが、

セミファイナルへ進んだらローカルニュースに取り上げられ、

高校のウェブサイトでもトップに写真を載せています。

一躍人気者になってしまいましたね。写真右上の人です。

しかし、皆さんカジュアルですね。

f:id:SiliconValley:20190514143519j:plain

Jeopardy!

 

来年下の子がスペイン語を取る予定だけど、この先生に当たるかな???

まだまだ若い先生なので、今後の活躍が楽しみです。

 

 こちらの過去記事にも高校の面白い先生が登場しています。

siliconvalleyway.hatenablog.com

 

アメリカの大学受験・・・Senior Slump・シニア スランプ

Senior Slump, Senior Slide, Senioritis

シニア・スランプ、シニア・スライド、シニオリティス、

どれも同じ意味です。

高校シニアの燃え尽き症候群とでも言いましょうか。

 

長い長い大学受験を乗り越えた頃から

モティベーションがなくなりやる気の出なくなる子が出てきます。

 

例えばAP(大学レベル)のクラスをレギュラーに落としたり

今週・来週とそのAP試験の真っ最中なのですが、受けるのをやめてしまったり

宿題をやらなくなったり、朝起きられなくなったり、

下手したら授業そのものを忘れてしまったり。

 

重症な子になると学校に来なくなります。

これは危険です。卒業できなければカレッジへは行けません。

 

合格通知をもらった後に専攻する予定の科目の成績がDに落ち

カレッジから

もう一度SATで一定以上の成績を取らなければ合格を取り消すと言われた人もいます。

 

受験中は終始のんびりしていたうちの子(私は本当に白髪が増えましたよ。。。)

それでも受験が終わった直後はいつまでも寝ていて、朝起きづらくなりました。

授業のスケジュールも半年経った所で一部変わったので

一度は授業を忘れ、遅刻も数回。

1ヶ月以上はそんな感じだったかな。

今では逆に遊ぶ事にハイパーになっていて、それはそれは多忙を極めています。

ちなみに今夜はサンフランシスコまで友達と出かけ

戻ったらそのままお泊まり会です。

 

友人も積極的にガンガン色々とやる子だったのが、目に見えてスローになりました。

この子は超難関大学に合格し、

1年間は自分のやりたい事をやるためにギャップイヤーを取ります。

だからちょうど良かったかも。

 

今日も知り合いのママと話をしていて

改めてシニア・スランプに陥る子が多いと感じました。

無視できない現象だと思ったので、

あえてこのブログの大学受験シリーズに付け加えます。

 

少し鬱の症状に似ているでしょうか?

対策は調べてみましたが、

長期で物を考えろとか、睡眠を取れとか、ダラダラするなとか、

色々出てはきますが、どうもこれはというものが見つかりません。

Urban dictionaryによると一番の薬は”卒業”だそうで。。。

 

パロアルト・ハイスクールにはウェルネスセンターという駆け込み寺がありますし、

スクールカウンセラーも相談に乗ってくれます。

ウェルネスセンターにはヒーリングになるような物、

ゲームやリラックスできるソファーなど色々置いてありますし、

ハーブティーやお菓子なども出してくれます。親たちも色々寄付しています。

セラピードッグが来たり、ヨガもやりますよ。

居心地がいいので、うちの子はウェルネスセンターの常連です。

 

先日もブログに書きましたが、

高校はこの時期のシニアだけ、楽しむようなメニューが目白押しです。

なにせジュニアは今テストざんまいで大変な時期ですからね。

 

先日のノーパンツデーは、女の子たちがお父さんのYシャツ1枚で登校。

(もちろん下に短パン等は履いていました。

全員かどうかは知らないけど、ママはこれでひと安心!)

彼氏のパジャマみたいな雰囲気で写真はみんな可愛かったです。

 

今日はSSS (Scooters, Skates & Slacks Day)・

キックスクーター、スケート&スラックスの日。

Best fancy・最もファンシーな金曜日の服を着て、

Rolly gear・ローリーギア(スケートなど)に乗る日。

うちの子はベルベットのジャケットにスラックス、

フリフリのインナーだけどへそ出てるぞ〜状態で、

ディズニープリンセスのキックスクーターに乗って行きました。

それこそ幼稚園の時に買った奴。よくあるRazorのは盗まれたので。

 

もともとパーティー好きの高校ですが、

今躍起になって楽しむ事を詰め込んでいるのは

シニアスランプから救い出したい思いもあるのですね。

 

大学受験は合格通知をもらったらそれで終わりではないのです。

最後まで高校の成績は大学に送り続けます。

数年前にパーティーでドラッグをやってしまい逮捕された子が出て

合格は取り消されました。

 

受験が長かっただけに、あとから来るスランプも予想以上に大きいものです。

 

高校シニアの多くは車も運転できて自分たちだけで行動するし、

親の手はだいぶかからなくなりますが、

監視の目だけはしっかりとキープしておかないと不安な時期でもあります。

子供達には、高校生活を最後まで健全に過ごしてもらいたいです。

 

siliconvalleyway.hatenablog.com

 

 

【広域情報】海外における麻しん(はしか)・風しんに関する注意喚起(その2)

麻しんの流行が続いていますね。

この辺でもグーグル社員が感染したなどと身近なニュースになってきました。

前回の注意喚起メールからほぼ1ヶ月、第2弾が来ましたので、そのまま転載します。

 

●世界各地で,麻しん・風しんの感染例が多く報告されています。
●海外では麻しん・風しんに感染するリスクがあることを認識し,麻しん・風しんの予防接種を2回受けていない方は,受けることを検討してください。
●国内では,輸入例を発端とした集団感染も発生しています。

詳細は以下のリンク先をご確認ください。
(PC)==> https://www.anzen.mofa.go.jp/info/pcwideareaspecificinfo_2019C058.html

出発前には海外安全ホームページをチェック!
https://www.anzen.mofa.go.jp/

このメールは在留届を提出した方と「たびレジ」に登録した方に、配信しています。

※「たびレジ」に簡易登録した方でメールの受け取りを希望しない方は、以下のURLから変更・停止の手続きをしてください。
(変更)https://www.ezairyu.mofa.go.jp/tabireg/simple/auth
(停止)https://www.ezairyu.mofa.go.jp/tabireg/simple/delete

※「在留届」を提出した方で帰国、移転した方は、以下のURLで帰国又は転出届を提出してください。
https://www.ezairyu.mofa.go.jp/RRnet/residencereport/login

このメールは送信専用メールアドレスから配信されています。このままご返信いただいてもお答えできませんのでご了承ください

〔お問合わせ先〕
外務省領事サービスセンター(海外安全相談班)
〒100 - 8919
東京都千代田区霞が関2-2-1
電話:03-3580-3311 内線 2902

アメリカの大学受験・・・今から受験可能な大学

夏休み中にエッセイを書き

秋の間にアーリースケジュールの大学へ願書を出し

クリスマスホリデーも必死でレギュラースケジュールの大学の願書に取り掛かり

春先はインタビューやオーディションなどで自己アピール

やがてパラパラと大学から合否判断が送られてきて

春休みには最後のカレッジ視察ツアー

5月1日のNational College Decision Dayに決めたカレッジのお披露目をする

 

これが一般的な高校シニアの受験スケジュール。

 

日本だったら

9割以上の人が同じような受験スケジュールになるのではないでしょうか。

 

こちらは、もう少しばらけています。

ものすごーく早い段階から大学が決まっていたり

今でもウェイトリストの順番が来るのを待っている人や、

そのためのアピールを続けている人もいます。

あるいはコミュニティカレッジに申し込んだ人、

ギャップイヤーという入学を1年先伸ばしにする選択をする人も多数います。

 

そして大学側も

今でも来年秋からの学生を受け付けている所が400以上もあるそうです。

 

結果をまとめている団体がいくつかありますが、代表的なのが

NACAC (National Association for College Admission Counseling)という大きな団体で

大規模なカレッジフェアーなどを全米中で開催してくれる所です。

6月までリサーチを続けるのでその数はまだ増えるかもしれないとの事。

ここのメンバーの大学情報だけが出てるのだと思いますが、

メンバーじゃない大学はどこなの?って聞きたいくらい沢山網羅しています。

日本の大学のいくつかもメンバーです。

 

 

このうち30校余りは間も無く募集の締め切り。

残りの多くは夏が締め切り。本当にギリギリまで受け付けてくれます。

 

アメリカで大学受験をするなら誰でもお世話になるであろう

The Common Application、

通称Common App・コモンアップでも大学情報が調べられます。

 

 

コモンアップの本来の目的はアプリケーション・願書です。

ここにアカウントを作り、

エッセイや成績情報などを記入し、各大学に送信するシステムです。

一校一校個別に送らなくていいので、楽です。

大学は他にも必要な情報があったらサプリメントと言って、さらに要求してきますが、

基本情報は全部コモンアップに盛り込むだけ。

UCはUCシステムという別システムで申し込みますし、

他にもいくつかのアプリケーションシステムがあって、

大学によって指定するアプリケーションは違いますが、メジャーはコモンアップです。

コモンアップが使える参加校はまだまだ増え続けています。

 

近年は出願の際の手間が省けたので学生が申し込む大学の平均数が増えました。

カウンセラーはアーリーで3〜4校、全部で10校くらいが普通だと言っています。

UCもひとつのシステムで全部のUCキャンパスを受験できるので、

合計出願数が20校超える子がいるという話も聞きます。

 

数打ちゃ当たるかもしれませんが、

エッセイなどはどうしてこの大学なのかを盛り込む必要があるのと、

やっぱり子供にとっては大変な作業なので、

あまり欲張らなくていい所だと個人的には思います。

 

希望の所が早い時期に見つからなかったら

コモンアップを今からでも受け付けてくれる大学に送ってみる。

そこで満足しなかったら2年後あたりを目処にトランスファー・転校する。

受験のチャンスは一度きりじゃないし、大学院で次を狙う事もできます。

 

アメリカにはコミュニティカレッジもあるし、

大学に行こうと思えばどこかしら門戸を開いてくれる

沢山の選択肢があるのは嬉しい限りです。

 

治安の目安になる地図・OZマップ

日本から来たばかりの時は

アメリカは怖い国だからと必要以上に用心深く生活していました。

サンフランシスコは都会=危険だから携帯はしまっておこうとか。

サンフランシスコのSOMAだとかテンダーロインだとか

気をつけるべき場所の名前は聞いて調べてはいましたが、

世の中、どこがお金持ちエリアでどこか要注意エリアなのかという

一目瞭然の資料は知りませんでした。

 

あ、今でも知りません。グーグルマップで超拡大して家の大きさを見るくらいかな。

 

長く住んでいると、車で走りながらなんとなくこの辺は要注意かもって

雰囲気から判断できるようになりましたけど、

来たばかりの頃はそれすらあまりわかりませんでした。

かつては殺人率の全米トップを誇ったすぐお隣りのイーストパロアルトですら、

青い空の下にかわいらしい一軒家が並び

ドラッグとかギャングアクティビティとか想像もつかなかったりします。

 

治安を判断するのに便利な 一覧表のようなアンチョコが欲しいと思ってた所に

最近発見した地図があるので、ここでシェアしてみます。

 

Opportunity Zone・オポチュニティーゾーン、略してOZの地図

 

これは犯罪率とは関係ありません。

純粋に世帯所得から低所得エリアを割り出した地図です。

が、2017年作成と情報としては新しいです。

 

例えばこちら。

 

https://www.cims.cdfifund.gov/preparation/?config=config_nmtc.xml

 

カリフォルニアに特化したものはこちら

(鉄道の計画とかも同じ地図に出てくるのでそれは消して、

Opportunity zonesという所だけに注目して下さい。)

 

いずれもデータ量が多いので

きちんと表示されるまで時間がかかるかもしれません。

 

これはトランプが就任してすぐに打ち出した節税対策用にまとめられたものです。

不動産売却の際に生じる税金を貧しい地域に投資したら優遇。

その地域がOZ・オポチュニティーゾーンという名前です。

10年持ち続けたらキャピタルゲイン税は取りませんという、

いわゆるお金持ちに対する優遇措置。

庶民の多くには全然関係ない節税プランです。

それぞれの州知事が地元の貧しいエリアをその際に選定、

IRSも絡んでいるので情報は新しいし正確なはずです。

 

サンフランシスコのお出かけ時はもちろん、

タホなど遠くへドライブする途中で休むエリアを考える時

ちょっと東海岸とか知らない土地へ足を伸ばす時などに参考になると思います。

 

地図に含まれているパロアルト近辺のエリアは

イーストパロアルトやメンローパークのイーストサイドです。

どちらのエリアも全米平均に比べたら家の価格はもう高くて、簡単に手が出ません。

住宅売却の利益分だけを投資して買える不動産がどれだけある事やら。。。

 

イーストパロアルトは高速道路の西側(本当にパロアルト寄りの部分)が中心で

イーストパロアルト中心部のほとんどのエリアは少し所得が上になってるんですね。

 

この選定に深く関わったのがショーン・パーカーという有名人。

ナップスターの設立者でフェイスブックの初代CEOです。

彼のセンスが古いと地元では不評ですが、

このOZは世帯所得を元に計算されているので、あまり操作はできないはず。

いくらこの辺の住宅価格が高くても、

昔から住んでいる人の所得はそれほど上がってない

そしてパロアルトのすぐ西側の方が所得は低いものと見られます。

実際一軒家ではなくアパートが多いです。

 

治安に関してはあくまで参考値です。

大体この辺の世帯所得が低いと頭に入れて、

意味もなくフラフラしたりしないように心がけたらいいかなと思い紹介しました。

 

先日紹介したThe Unscientific Bay Area Mapと照らし合わせても面白いと思います。

siliconvalleyway.hatenablog.com