イスラエルに係る米国大統領布告発出に伴う注意喚起(新規)

トランプ大統領になって領事館の注意喚起も大忙しですね。

日本にも大使館がありますので、そのままメールを転送!

 

●米国がエルサレムをイスラエルの首都と承認し,大使館をエルサレムに移転する方針を表明したことを受け,エルサレムではパレスチナ人による大規模な抗議集会が呼びかけられています。
●米国は世界各地にある自国の在外公館に対し,警備を強化するよう指示したとの報道もあり,世界各地で米国を対象とした抗議集会等の発生が懸念されますので,米国の公館や関連施設周辺への立ち入りはなるべく控え,やむを得ず訪れる際は不測の事態に巻き込まれないよう注意してください。


1 12月6日,米国のトランプ大統領がエルサレムをイスラエルの首都と承認し,在イスラエル米国大使館をエルサレムに移転する大統領布告を発出したことを受け,イスラム諸国では反発が強まっています。
すでに,エルサレムではパレスチナ人による大規模な抗議集会が呼びかけられており,今後,緊張が高まる可能性があります。また,米国は全世界にある自国の在外公館に対し,警備を強化するよう指示した旨の報道もあります。

2 上記の大統領布告を受け,今後世界各地において,米国の公館や関連施設を対象とした激しい抗議集会の開催が予想され,それが衝突や暴動等に発展する可能性も否定できないことから,こうした施設等の周辺への立ち入りはなるべく控え,やむを得ず訪れる際は最新の関連情報の入手に努め,不測の事態に巻き込まれないよう十分注意してください。
 万が一,抗議集会等に遭遇した場合には,不用意に近づくことなく,速やかにその場を離れてください。

3 海外渡航の際には万一に備え,家族や友人,職場等に日程や渡航先での連絡先を伝えておくようにしてください。3か月以上滞在する方は,大使館又は総領事館が緊急時の連絡先を確認できるよう,必ず在留届を提出してください。( https://nam01.safelinks.protection.outlook.com/?url=https%3A%2F%2Fwww.ezairyu.mofa.go.jp%2FRRnet&data=02%7C01%7C%7C41fdc83b29454901e6d908d53dc39108%7C84df9e7fe9f640afb435aaaaaaaaaaaa%7C1%7C0%7C636482832509429687&sdata=o%2F%2FBcZvIeD0z7Ws1k8usAw4m2yVP%2BvhESGhhhGPz7qc%3D&reserved=0
3か月未満の旅行や出張などの際には,渡航先の最新安全情報や,緊急時の大使館又は総領事館からの連絡を受け取ることができるよう,外務省海外旅行登録「たびレジ」に登録してください。( https://nam01.safelinks.protection.outlook.com/?url=https%3A%2F%2Fwww.ezairyu.mofa.go.jp%2Ftabireg%2F&data=02%7C01%7C%7C41fdc83b29454901e6d908d53dc39108%7C84df9e7fe9f640afb435aaaaaaaaaaaa%7C1%7C0%7C636482832509429687&sdata=tGo19IMloOZ56oHxK6QccHxAFEFLERs1PBEWp33xuoU%3D&reserved=0

(問い合わせ窓口)
○外務省領事サービスセンター
住所:東京都千代田区霞が関2-2-1
電話:(代表)03-3580-3311(内線)2902,2903

(外務省関連課室連絡先)
○領事局海外邦人安全課(テロ・誘拐関連を除く)
(内線)5139
○領事局邦人テロ対策室(テロ・誘拐関連)
(内線)3047
○海外安全ホームページ:
https://nam01.safelinks.protection.outlook.com/?url=http%3A%2F%2Fwww.anzen.mofa.go.jp%2F&data=02%7C01%7C%7C41fdc83b29454901e6d908d53dc39108%7C84df9e7fe9f640afb435aaaaaaaaaaaa%7C1%7C0%7C636482832509429687&sdata=f8p1WJ2YRlM%2BUBU8lVUQY6m32M961zjpgs8oLrwrBZU%3D&reserved=0 (PC版)
https://nam01.safelinks.protection.outlook.com/?url=http%3A%2F%2Fwww.anzen.mofa.go.jp%2Fsp%2Findex.html&data=02%7C01%7C%7C41fdc83b29454901e6d908d53dc39108%7C84df9e7fe9f640afb435aaaaaaaaaaaa%7C1%7C0%7C636482832509429687&sdata=K711O2FcSRFUrHXBgKbc4KV67Nmv1POV3LPss5gdLv4%3D&reserved=0 (スマートフォン版) 
https://nam01.safelinks.protection.outlook.com/?url=http%3A%2F%2Fwww.anzen.mofa.go.jp%2Fm%2Fmbtop.html&data=02%7C01%7C%7C41fdc83b29454901e6d908d53dc39108%7C84df9e7fe9f640afb435aaaaaaaaaaaa%7C1%7C0%7C636482832509429687&sdata=Cd8Pk34EI36DZC2lDioeVR1GAE7mv3TLiQLEJmOqSeQ%3D&reserved=0 (モバイル版) 

号外編〜知人がテック犯罪者だったというショック!

しばらくクリスマスネタを続けようと思っていた矢先

子供の親友のお父さんが機密情報を盗んだとローカルニュースに載っていて

このショックをどうしたらいいのか戸惑い

なぜかブログにぶつけています。

 

www.paloaltoonline.com

 

だって、近所のお母さん達と

”ねえねえ見た〜?”とかいう雰囲気ではなく

かと言って

多感な時期の子供にこちらから”お友達のお父さんだね”とか言うのもはばかられ。

今日のニュースだから明日には学校で話題になっているでしょう。

今はSNS時代だからもう知ってるかも。

どうしていいのか、まだ私の中で整理できていません。

 

正確には小学校時代の親友。よく一緒にプレイデートして遊んでた。

今はもう違うグループにはなってる子だけど。

お母さんはPTAとかボランティアに一生懸命な人で

先日もカレッジカウンセラーのオフィスでボランティアをしていて

個人的にアドバイスをもらったばかり。

 

私の中ではお母さんはもちろん素晴らしい人だし

子供も積極的で優秀。

STEMフィールドに進みたいと聞いていて、

きっとこう言う子が優秀な大学に行くんだろうと将来を楽しみにしている所。

渦中のお父さんも頭のいい人で、穏やかな明るい人だと言う印象しかない。。。

 

あ〜母としてどう対応すべきか。

犯罪の多いアメリカではそんなに大きなニュースではないのだろうか???

 

性犯罪でお父さんが告発された子の家は

そのまま同じ家に家族で住み続け、子供は同じ学校に通っていたりする。

 

皆が犯罪者に寛容だと感じる事の理由の一つがこちら。

 

local.nixle.com

 

クリスマスのこの時期は軽犯罪者がホリデーを刑務所で過ごす事がないようにと

警察が裁判の時期をずらしてあげるギフトということを毎年行ってます。

 

Got Warrants? って、Got Milk?という有名な牛乳のCMがあるのですが、

そんな軽いノリなのです。

 

本文出だしは

Do you have a warrant? Don't fret.

- December is time for Operation Second Chance!

 

”裁判の召喚状持ってる?逃げないで。

12月はセカンドチャンス運動の月だから”って感じでしょうか。

 

すごく気軽な感じです。 

 

さて、本件の知人の犯罪ニュースですが、

来週裁判なようなので、しばらくは動揺を隠し様子を見よう。

ブログを書きながら自分を落ち着けている私です。

 

ホリデーシーズン

サンクスギビングが過ぎ、12月に入るとクリスマスムードが高まります。

この時期、ユダヤ教の人はハヌカを、アフリカ系アメリカ人はクワンザを祝い、

日本人は宗教に関係なくクリスマスと新年を祝うし、

大多数の人がなんらかのお祝いを控え、なんとなく浮かれたモードになります。

 

シリコンバレーのあちこちで飾り付けが始まるので、今日は私の好きな風景をご紹介。

 

f:id:SiliconValley:20171207160407j:plain

 

これはメンローパークのダウンタウンに毎年出没する大きなイルミネーション。

クレーン車で飾りつけます。相当高いので一車線潰しての作業。

去年まで大きな木一本だけのイルミネーションが、今年から2本になりました。

 

景色に見とれて交通ルールを守らないと要注意!

ここの交差点は信号無視や一時停止違反があるとすぐにフラッシュが光り

後日500ドルの罰金を要求される、お高い交差点なのです。

 

もう一箇所はパロアルトにあるギャンブルガーデン。

日用品の販売で日本でもお馴染みのPG&E

プロクター・アンド・ギャンブルのGはギャンブルさんという人の名前。

そこのご子息がスタンフォードで勉強していた間だけ、

ギャンブルさんが住んでいた家が市に寄付されて、無料で一般公開されています。

ここはお庭の花がいつも素晴らしく、まさに憩いの場です。

 

玄関

f:id:SiliconValley:20171207161124j:plain

 

図書室

f:id:SiliconValley:20171207161157j:plain

 

ホールのクリスマスツリーを下から見上げた所

f:id:SiliconValley:20171207161324j:plain

 

ダイニング

ここで行われるお食事会の準備中

f:id:SiliconValley:20171207161419j:plain

 

あちこちの窓にはリースが飾られます。

f:id:SiliconValley:20171207161519j:plain

 

邸宅内はあちこちにフラワーアレンジが。

普段はお庭の花をボランティアの人たちが飾り付けます。

f:id:SiliconValley:20171207161624j:plain

 

どれもシンプルでトラディショナル。

心和みます。楽しんで頂けたでしょうか?

 

近頃流行りなもの・・・Friendsgiving

11月の第4木曜日はThanksgiving・サンクスギビング(感謝祭)です。

家族や親戚が集まってターキーを焼いて食べます。

これはアメリカでは大きな祝日で、民族大移動が起きるので空港は混雑するし、

そこら中のお店が軒並み閉まります。

日本の元日のような雰囲気で、マクドナルドすら買えなくて困った事がありました。

 

最近の日本では翌日のブラック・フライデーの方がお馴染みかもしれません。

1月2日の初売りのようなもの。

日本でもハロウィンの次はブラックフライデーが急に浸透して来てますね。

 

クリスマスに沢山のギフトを配るアメリカ人にとっては

この期間のお買い物は大変に重要です。

 

週末にかけて買い物をしきれなかった人達が

月曜にインターネットでショッピングする事から月曜日はサイバー・マンデー

 

自分達の買い物をし終わった火曜日は恵まれない人などに寄付をする

ギビング・チューズデーなどと言われています。

 

さて、この一年でも大切なトラディションに

新たな動きがフィーチャーされて来ました。

それがFriendsgiving・フレンズギビングです。

 

感謝祭のご馳走を家族だけではなく、友達とも分け合おうというもの。

本チャンの木曜日は避けて水曜や金曜に行われたりしますが、

特に決まりはありません。メニューはターキーが主流。

でも家族とも違う日に集まって食べるんじゃ飽きるので、

違うメニューにする人もいます。

 

我が家は親戚がアメリカのどこにもいないので、

例年似たような家族と集まっています。

当初はフレンズギビングなんて言葉は耳にした事がなかったけど、

流行の先駆けだったかしら???木曜日だけどね。

 

今年は高校生達がフレンズギビングだと言って友達とパーティーをしてました・・・ま、彼らは何かと名目をつけてパーティーしたいだけなのですが。

 

親戚の集まりよりもこちらの方が楽しい人も多い事でしょう。

今後も益々一般化しそうな現象だと思います。

 

siliconvalleyway.hatenablog.com

 

近頃流行りなもの・・・ship or dip

今回の流行りは全米的な若者たちのもの。"ship or dip"

日本語には訳しづらい。”付き合う?別れる?”てな所でしょうか。

 

中学校の校長先生から注意メールが回って来て初めて何か知りました。

中学でもませた子とかしかやってないのではないかしら?

 

いわゆるスラングでshipとかshippingという言葉が生まれてまして

荷物を送る事でも船旅に出る事でもなく

relationshipperの略なんだとか。この単語も造語です。

 

そして、イケてるカップルをshipとか言うらしい。

例えば ”I ship 林家ペー&パー子”みたいな感じに。

 

そして最近のムーブメントは若者たちが

インスタグラムとかにカップルの顔写真を載せてship or dipとか聞くそうな。

そうするとそれを見た人たちがイケてるかイケてないか投票し、コメントを書く。

 

たわいもない事なようですが、

勝手に顔写真を使われる子が出て来たりして

勝手にあーだこーだ言われて傷つく訳です。

特に中学生はまだまだ純粋ですしね。

 

誰と誰が付き合ってる〜とかで

キャーキャー騒げる年代じゃないと盛り上がらない話です。

 

色々おばさんが解説してもなんだかしっくりしないので

詳しく知りたい人はurban dictionaryとかで勉強してね。

(このサイト、超ふざけてておかしいの。暇な時にどうぞ。

でも解説の中身はあんまり真にウケないでね。)

www.urbandictionary.com

 

fandom  slang guideというのもあります。

www.angelfire.com

 

前回の流行りレポートは半年前のスピナーでした。

これはさっぱり見なくなりました。

むしろ日本に上陸して色々と発展して優秀な作品ができてるようですね。

 

siliconvalleyway.hatenablog.com

 

ようやく連絡が来たタカタのリコール

世界で1億台近くの車がリコールとなるタカタのエアバッグ問題。

我が家はどうなんだろう。。。と思いながら

ずっとほったらかしにしてたところ、

ようやく連絡が来ました。

 

f:id:SiliconValley:20171112052617j:plain

 

TK Holdingsという所からこんなハガキが3枚も。

どこかの株のダイレクトメールかと思って捨てようと思ったのですが、

3通も来てるから気になって後日調べてみたら

タカタさんがらみだったんですね。

わっかりにく〜い。

 

頑張って目を凝らして一部を読んでみたら裏面もよく読めとおっしゃる。

裏面はこんなんですよ。老眼鏡が必要!頭痛がしてくる。

すみません、ご指示には従えません。

 

斜め読みしました。

まずは皆さんの車が対象車かどうか調べましょう。

以下のサイトで調べられます。

 

www.airbagrecall.com

 

日本だったら販売代理店が速やかに連絡してくれるんでしょうね。

直さないと車検も通らないみたいだし。

こっちは結構ほったらかしだなぁ。

 

この問題、10年も前から兆候があったとか。企業モラルの問題。

 

最近は神戸製鋼の問題があったり、日本企業もブランド力が衰えて来ました。

10年前は家電とか日本製がいっぱい店頭に並んでいたのに

それもすっかり見なくなって久しい。

 

日本車も影が薄くなって来たような。

MUJIやダイソーもそんなにはウケてないみたいだし。

ダイソーは日本の品揃えが減って

こちらのダラーショップ(1ドルショップ)と似て来てしまっている。

ダイソーは1ドル50セントだから困るなぁ。

こちらのMUJIは食品がほぼないし。

 

ユニクロやJINSは頑張ってると思うんだけど

おかげでこの辺りのダウンジャケットとメガネの値段が一部下がりました。

 

あと頑張ってるのはやよい軒、牛角とくら寿司かな。

でもまだローカルな人気。

一時のプリウスのように世の中を席巻する日本商品にお目にかかりたいものです。

 

 

Flood Insurance/ 保険が60%も安くなった話

保険が高い高いと連呼してきましたが、ここで

その保険料が大幅に安くなった話をひとつ。

今回の保険は”Flood Insurance・洪水保険”です。

 

大半が低地にあるパロアルトは洪水危険地域で、

20年ほど前にはダウンタウンエリアが腰まで浸かるような洪水がありました。

それを機にご近所さんに連帯感が生まれて仲良くなったとか。

このエリアの家はFEMAの指定する洪水保険に入らなくてはならず、

新しく建てる家は家の床を高くしなくてはなりません。

我が家もこの例外ではなく、毎年洪水保険の支払いをしています。

そして、他の保険と同様に毎年ジリジリと値上げされ、

パッケージのために細かい指定ができず、なすがままに値上げを受け入れてました。

 

しかし、このままではいかん!と、3年ほど前に勇気を出して

保険の代理人を自宅に呼び諸々の保険の見直しと料金交渉をしました。

この数年に一度業者と話し合うと言う作業、以前から勧められていたのですが、

やる勇気が出るまでに何年もかかってしまってました。

一度対面しておくと、後のいろんな事がスムーズになるので、

本当に重い腰をあげてやって良かったと思います。

直後に事故にあったりしたし、

以前ブログに書いた間違った見積もりが来た時にも

俊敏に代理人が対応してくれましたし。

 

その際に洪水保険の話をした所、代理人が

”Elevation Certificate”は取ったのか?と聞いて来ました。

Elevation Certificate?そういえばその言葉、ご近所さんが良く口にしていたわ。

洪水地帯でも建物の高さが十分に高い場合、”Elevation Certificate”を取って、

自分の家は大丈夫ですよーとアピールすれば保険が安くなるのです。

 

そんな、最初から考慮してくれーと思うのですが、

アピールしないと余計な事はしてくれないお国柄です。

早速その証明書を取る事にしました。

何をどうするか想像もつかないので、これも代理人におんぶに抱っこ。

Land surveyorという測量技師にお願いしてもらいました。

 

やって来たのは昔スタンフォードで教鞭を取っていたという上品なおじいさん。

約束の時間に来て、外から家の寸法を測るだけ。

軽く説明をしてくれて、家の周りをささっと測って

あっという間に帰ってしまいました。留守でも構わないと言われたのも納得。

 

いいお仕事ですね。これに$750(8万5千円ほど)支払いました。

ん〜これで保険料が変わらなかったらどうするんだとこの時点では不安でいっぱい!

しかも我が家の場合、一階の床は高く地下はないけれど、

その下にcrowl spaceという床下で作業する用のスペースが設けてある。

だからelavatedという完璧な状況ではない!

 

その後”Elevation Certificate”はすぐに送られて来ました。

さらにそのオフィスがすぐにFEMAの保険業者にその書類を提出してくれました。

この辺りはなんだか癒着の匂いがプンプン。

正確にはElevate Building Determinationというそうですよ。

 

判定もあっという間でした。

すぐに保険料が$800安くなったとの知らせが。わーい!

Elevation Certificate ばんざーい!

 

ありがたい事に翌年も値上げがなく安い価格を維持できています。

これで2年で1600ドルも得したわ〜と喜んでいたら主人の痛い一言。

”そうじゃなくて今まで何年も高い額を払って損してたんでしょ?”

おっしゃる通りでございます。。。。。

 

それにしても半額以下になってしまう保険の設定ってすごいですね。

これを知らなくて、高い金額を払ってる人がまだ沢山いるのだと思います。

ご近所の情報交換サイトで話題になったりするのですが、

忙しいとか私のように勇気がわかなくてつい無視してしまう事が多い情報です。

 

健康保険や自動車保険もこういう裏技があるのかしらね?

もっとリサーチをしないといけませんね。

 

siliconvalleyway.hatenablog.com

 

 

siliconvalleyway.hatenablog.com