アメリカの大学受験・・・APテストを更に分析

アメリカで大学を受験する際にどうしても無視できないAPテスト。

普段ブログでは”AP=大学レベル”と一言でまとめていますが、

科目毎に難易度にかなりばらつきがあるので、ここで紹介しておく事にしました。

 

親としては子供に”沢山取りなさーい”と言いたくなるものですが、

どうも見ていると思ったよりも大変なようで・・・うちの子だからか?

 

あらかじめ、この難易度がわかっていたら少しは参考になるかもしれません。

 

テストを主催しているカレッジボードが毎年結果を発表します。

今年のデータは今少しずつツイッターで発表されているらしく、

それを速報でまとめて表にしている会社もあります。

とりあえず去年のものをここに載せておきます。

 

f:id:SiliconValley:20190619121008j:plain

Score distributions

f:id:SiliconValley:20190619121101j:plain

Score distributions 2

大きな流れはあまり変わっていないと思います。

Chinese・中国語は受験者の9割以上が合格点(評価3以上)、

最高評価の5を取る人が6割以上です。

逆にPhysics1・物理学1の半数以上が合格点を取れず、

5の評価を取った人はたったの5.7%です。

ここで5を取ったらすごいですね。腕に自信のある人は是非受けてもらいたい!

物理学2も似たように合格率は低いです。

 

その他に点を取りにくいのが

Environmental Science・環境化学、English Literature・英文学で

受験者の半数以上が評価2以下です。

Government & Politics United States・アメリカの政治学や

Human Geography・人文地理学は前年の合格率が5割を切っていましたが、

少し高くなりました。

逆に8割以上が合格点を取る科目がいくつかあります。

 

人気科目は30万人以上が受験しますが、

Japanese・日本語の受験者は今回も2千5百人弱とダントツの人気のなさ!

しかも日本人じゃなくて日本語に普段接してない

真の外国語としての受験者は半分しかいないみたいです。

あーせめてあと4年、うちの子が受験するまでなくならないでいて下さい。。。

 

 

それからうちの子の学校のカウンセラーなどは

”APなんて必要ない”という態度でしたが、

受験を終えて”そんな事はない”と声を大にして言いたいです。

もちろん受ける学校にもよるでしょう。

数ではないし、沢山取ってなくてもアイビーに合格する子は合格しています。

でもその場合は、スポーツとかレガシー(親がその大学出身者)だったり

他に強いものを持っています。

 

少なくともGPAの算出の際にAPレベルの授業を取っておくのは優位な事です。

勉強を頑張ったらそれは当然評価してもらえます。

また授業がなくて自分でオンラインで勉強してテストに臨むという

素晴らしい学生がこの世の中には存在するでしょう。

そんな時、この難易度を考えて、

どこまでオンラインで独学できるか参考にしてもらいたいと思います。

 

 

siliconvalleyway.hatenablog.com

 

アメリカの大学受験・・・熱意の示し方

ベイエリアのほとんどの学校は夏休みです。

高校生達は卒業式も済み、新たな大学生活へ向けての準備に取り掛かる時期。

大学へのDeposit・前金は払っていますが、何万ドルもする授業料の全額はまだです。

という事でウェイトリストに入った大学はまだ可能性があり、

必死で熱意を見せている人はまだいるのです。

 

こちらの受験ではどうしてもその大学に入りたいとか

passion・熱意を見せる事が大事だと言われます。

 

自分を売り込むというのは日本で生まれ育ったらあまり馴染みがなく、

”そんな事をしたら嫌われるんじゃ?””そこまでやるの?”と感じます。

これは個人的な感想ですが、

”嫌われませんし、むしろ好意的に迎え入れられています”。

日本の感覚よりずっと積極的でいいみたいです。

ただ、以前に大学アドミッション(受験担当)の人が、

10通以上の推薦状を送りつけてきた人がいたけど、それは勘弁して下さい。

と言ってもいたので、やりすぎは迷惑ですし、

大学によって好き嫌いは違うと思います。

一律でないのがアメリカの大学受験のややこしい要因の一つですね。

 

さて、具体的にはどんな事をするのかというと

 

◯early decisionやearly actionで申し込む事

これだけで興味があるとのメッセージになりますね。

 

◯カレッジのメーリングリストに申し込む事

大学のウェブサイトに行くと登録できる所が多いです。

アドミッションがやっているものもありますし、

中には専攻科目のカレッジ毎にリストがあったりします。興味のある分野でどうぞ。

この時に子供が受験する際に使うメールアドレスを使う方がいいでしょう。

 

◯インタビューのオファーがあったら受ける事

いくつかの大学からは面接予約を入れて下さいと案内が来ます。

これは大抵オプションなので面接をしてもしなくてもどちらでもいいです。

うちは面接で印象を悪くするからと一度もしませんでした。

オファーがなくても自分から申し込む人もいますし、それも別に当たり前の事です。

 

◯カレッジツアーに参加する事

大学は勝手に行って勝手に観光できますが、

大学のアドミッションが開催するカレッジツアーに参加し、

名簿に名前を残しておく事が推奨されます。

人気大学はツアーが埋まってしまう事がありますが、

ウェイトリストに入れてくれる事もあります。

ツアーのない時期にしか行けない時でも

アドミッションに声をかけるとツアーしてくれる場合もあります。

プリンストン大学のようにものすごい人数が押しかける大学では

合否にこのツアーは一切関係しませんと断り書きがあります。

何万人と受験するので、そんな所まで気にしていないというのは本当かもしれません。

逆に小さなカレッジでは有効だと思います。

ツアーの後にアドミッションオフィスに押しかけて売り込んでいる親子を見ましたが、

親子が去った後、オフィスの人たちはとても喜んでいました。

スポーツの強い子だったからかもしれません。

 

◯カレッジフェアーやインフォメーションのイベントに参加する事

カレッジまで出かけなくても、向こうから学校などに来て説明会を開催してくれます。

この場合も名前などの情報を登録して参加する事になるので、

後々自分の足跡を残す事ができます。

webinar・オンラインセミナーやチャットをしてくれる大学もあります。

 

◯地元のリクルーターに接触する事

大学の卒業生がボランティアで受験生に会って話をしてくれます。

大学によってはウェブサイトに載せていますし、

いなくても問い合わせれば紹介してくれるようです。

会って質問をしたり、自分を売り込んだりして熱意を伝えます。

ちなみにうちの子の親友の親達はハーバードやスタンフォードの卒業生で

このボランティアをやっています。全くお世話になる必要がありませんでしたけど。

 

◯リクルーターにお礼のメールやメモを送る事

ややベタな感じもしますが、

こういう古典的な基本の事が案外重要視される大学も多いのでしょう。

 

◯卒業生のイベントに情報網を張る事

どこで何がどうつながるかわからないので

参加できる事には積極的に参加しろという意味だと思います。

 

◯大学の教授に接触する事

え〜っ?と思いますが、例えば理系で研究した分野があればそこの教授に。

積極的な人は夏休みなどにインターンをして

実験やリサーチに参加させてもらったりしています。

あるいは音楽やダンスなら教授に見てもらって、

そこから受験の際の推薦を取り付けます。

もちろん腕に自信がなければ使えない技です。

 

◯受験の際にoptional essaysを送る事

注)essays=複数形です。

いや〜大学によっては5個とか7個とかエッセイを書かされる訳ですけど、

さらに伝えたい事をもっと書いて読ませるんですね。

何万とエッセイがあるのに迷惑じゃないんですかねぇ?

内容によっては効果的なんでしょう。

 

これらはカレッジカウセリングのオフィスが言っている内容です。

そこまでやるか〜と思いますが、アメリカ的にはオッケーなんでしょう。

 

ここのオフィスが言うには20のカレッジに調査した所、

30%の大学がこうした”熱意”を考慮しているとの回答だったとか。

その大学は

プリンストン、デューク、ノースウェスタン、レハイ、ジョージワシントンだそう。

逆にスタンフォードやアイビーの多くが

テストスコアや課外活動に重点を置くとの回答でした。

 

時には我が子のように一切そういう事をしたがらない子もいますが、

結果から言ってその分テストスコアやGPAが相当高くないと入らなかった気がします。

逆にオーディションに直接行ったり、学校のイベントに参加した所は

とても評価が高く、奨学生やオーナー扱いにしてくれました。

だから経験として意思表示は絶対にした方がいいんだと思っています。

 

もちろんしつこくアピールする為には、

受験生本人の中身がないとダメなのは言うまでもありません。

アピールできるだけの何かを頑張って作りましょう。

 

 

siliconvalleyway.hatenablog.com

 

siliconvalleyway.hatenablog.com

 

CAASPテスト結果から見える事

学校が夏休みに入った所で、中学で受けたCAASPテストの結果を受け取りました。

このテストは、個人が評価されるものではなく

学校が評価を受けるためのテストで

学校全体のテストスコアが上がったから、予算をもっとあげるよとか

基準点に満たない子が何パーセントいるからもっと頑張って〜とか

言われるために使っています。

以前はSTARテストとかSmarter Balanceテストとか色々ありましたが、

どれも同じようなもの。

問題の内容はとても簡単で、アジア系には満点が続出。

高校生になるとみんな受験準備で忙しいので

この手のテストの日はみんな学校を休みます。

ジュニアは90%以上来ないと言ってもいいでしょう。

 

今回は中学のテスト結果なので下の子のものです。

小さい時にはクラスで満点のプリントを返されるたびに

”この子は天才かも〜!””将来はリケジョ?”などと淡い期待を抱いたものですが、

ぼちぼち現実が見えてきました。

特に数学は上の子の時よりずっと点数が低い。。。

 

さてシリコンバレーには教育熱心な親が多い。

あるお父さんがこのCAASPテストの結果を色々と分析していて面白いので

少し紹介します。データは去年のものです。

f:id:SiliconValley:20190615131355j:plain

CAASP scores by race

これは人種ごとにテストスコアをグラフ化したもの。

横軸は学年、縦軸はテスト点数。

青線の一番上がアジア系の平均点数、次に高いのが白人、一番下がラテン系。

赤線のレベル4はこのテストでいう所の一番上のグレード。

つまりパロアルトではアジア系と白人は平均でも一番上のランク以上。

テストが簡単だという事になります。

 

じゃあパロアルト近隣の都市と比べてどうなのさ!という事で、

そちらも解析してくれています。

f:id:SiliconValley:20190615132203j:plain

comparison with neighbor cities

お勉強といえばクパティーノ。アジア系だらけの場所。

さらに白人の多いメンローパークとお上品な都市、ロスアルトスとの比較です。

ラテン系データは省略し、アジア系と白人のみのデータです。

メンローパークはアジア系が少ないので白人データのみですが、

他は同じようにアジア系の点数が突出しています。

学年によってどこの都市のスコアが高いだ〜低いだ〜ありますが、

まあそんなに気にするほどではないですね。

でもアジア系はパロアルトが一番かな?なんてねー。

ちょっとちっちゃな自慢させてー。

 

このお父さんはこのテスト結果を解析して、

いかにディストリクト(学区)が

子供達にレベルの低い数学の授業を提供しているかという事を訴えています。

 

確かに子供達のテストスコアは突出しているのに、

学年をスキップして上のレベルの数学を取らせる事を

パロアルトはものすごく嫌がります。

クパティーノとロスアルトスでは

8年生で1つ上のレベル、Geometryを履修している子が半分近くいるのに比べ、

パロアルトはわずか6%です。

数学をスキップするには

”スキップレベルテスト”というメッチャ難しいテストを受けて

合格しなくてはなりません。それも案外ひっそりと行われます。

親があらかじめ準備していて先生に”飛ばしたい”と意思表示した子と、

先生から推薦を受ける子のみがこっそり受験します。

うちの子も招待状は来ましたが、何も勉強させていなかったので受けませんでした。

招待状をもらったのはクラスで3人だけだったそう。

 

今ではうちの子はスキップどころではありません。

高校でどうやってAを取っていくか悩ましいレベルです。

学校の授業以外に何かやらないと大変になると思います。

 

最後にこのレポートに親の学歴データも出ていたので載せておきましょう。

 

Bachelor/ Graduate

 foreign-born

Palo Alto

86.1%  / 54%

34%

Los Altos

82.3% / 49%

27.1%

Menlo Park elementary

80.3% / 47%

21%

Cupertino

77.2% / 44%

52.3%


シリコンバレーは大学院卒が9割かと思ってたら違いますね。大学卒が8割ちょい。

大学院卒が半分くらい。

パロアルトは外国生まれが3割。はーい。

クパティーノは半分以上、ほとんどがアジア系だと思われます。

あとの2つは白人の多いエリアで、案外アメリカ人だらけなんですね。 

 

 

いつもはスコアをもらっても大して見る事もなくしまいこんでいましたが、

こうやって見えてくるものは色々あるもんですね。 

熱心に解析してくれたお父さんに感謝です!

カリフォルニア州における山火事シーズンの到来

ここ数日間、久々のヒートウェーブが来て、日中40度前後まで気温が上がりました。忘れかけていた乾燥期の到来です。

領事館からタイムリーにこんなお知らせが来ましたので、そのまま転載します。

 

●カリフォルニア州においては、例年春から秋にかけて、乾燥や強風等により多くの山火事が発生していることから、関連情報には十分留意して下さい。
●本年は山火事対策として、当地電力会社による計画停電も予定されています。火災発生時を含め、停電が長引くことも想定し、日頃からの備蓄等に心がけて下さい。

1 カリフォルニア州においては、例年春から秋にかけて、乾燥や強風等により多くの山火事が発生しています。昨年11月には、同州北部ビュート郡等において大規模な山火事が発生。住宅地域まで延焼し、85人が亡くなられた旨報じられ、道路封鎖や停電等生活インフラに多大な影響を及ぼしたほか、サンフランシスコ等ベイエリア地域においても、大気汚染等の被害をもたらしました。

2 本年も、サクラメントやサンノゼ周辺等において、既に複数の森林火災が発生する中、当地に渡航・滞在を予定している方は、下記の関連ウェブサイトや現地のニュース等を参考に最新の山火事情報の収集に努めていただくとともに、関係地域への訪問日程・移動経路若しくは訪問地を変更する等、災害や事故に巻き込まれないよう安全確保に努めて下さい。
既に発生地域周辺に滞在中の方は、避難に備え懐中電灯・携帯用ラジオ等を手元に置いておくほか、避難時の携行品や服装(肌を露出しないもの)等を事前に準備し,家族等に緊急の連絡先を知らせ、事前に避難経路を確認するとともに、必要な場合には安全な場所に避難する等の安全対策を講じてください。

3 また、本年は山火事対策として、電力会社PG&Eによる計画停電、いわゆる「Public Safety Power Shutoff」が予定されています。停電の日時や場所については、気候等の状況により判断し、事前に通知するとされておりますが、緊急時には通知がない場合もあるとのことです。皆様には、1週間分程度の飲食物や現金、懐中電灯等を備えるとともに、携帯電話の充電や熱中症対策等にも心がけるようお願いいたします。詳しくは下記PG&Eサイトをご覧ください。(https://www.pge.com/en_US/safety/emergency-preparedness/natural-disaster/wildfires/public-safety-power-shutoff-faq.page

4 万一、災害に巻き込まれた場合は、現地当局が発表する警報・指示等に従って安全確保に努めるとともに、ご自身の安否等の状況について日本の留守家族及び最寄りの日本国大使館または総領事館に連絡してください。

5 海外渡航の際には万一に備え、家族や友人、職場等に日程や渡航先での連絡先を伝えておくようにしてください。
3か月以上滞在される方は、大使館または総領事館が緊急時の連絡先を確認できるよう、必ず「在留届」を提出してください。
3か月未満の旅行や出張などの際には、渡航先の最新の安全情報や、緊急時に大使館または総領事館が連絡を受け取ることができるよう、外務省海外旅行登録「たびレジ」に登録してください。
https://www.ezairyu.mofa.go.jp/index.html

【参考ウェブサイト】
カリフォルニア州森林管理・防火局:http://www.fire.ca.gov/current_incidents/?page=1
山火事への備え(居住者向け):http://www.readyforwildfire.org/
AirNow(大気汚染状況情報):https://airnow.gov/index.cfm?action=airnow.local_state&stateid=5&mapcenter=0&tabs=0

このメールは在留届にて届けられたメールアドレス及び「たびレジ」に登録されたメールアドレスに自動的に配信されております。

【問い合わせ先】
在サンフランシスコ日本総領事館・領事部
電話:415-780-6000  FAX:415-767-4200
ホームページ:http://www.sf.us.emb-japan.go.jp/itprtop_ja/index.html
※「たびレジ」簡易登録をされた方でメールの配信を停止したい方は、以下のURLから停止手続きをお願いいたします。
https://www.ezairyu.mofa.go.jp/tabireg/simple/delete

平均納税額マップ

アメリカは家の大きさなどの制限が住むエリアによって細かく決められていて、

ご近所さんは似たような大きさの家が多いです。

だから住所を聞くだけで裕福なエリアかどうか、なんとなく想像がつきます。

 

今回見つけた地図は郵便番号ごとに平均世帯収入と平均納税額を色分けした地図です。

 

引っ越しや旅行の際、治安などのちょっとした目安になります。

 

  

これはカリフォルニア州の納税額から割り出したものなので、

カリフォルニア分しかありません。

どこの地域が沢山納税していて、

どこが少ないかとランク付けしたサイトもありました。

 

 

infogram.com

これによるとカリフォルニア州内で最も沢山納税しているエリアは

Atherton・アサートンで

平均年収額が1.7ミリオン(本日レートで1億8千4百40万円くらい)。

 

こちらのお宅の敷地は1エーカー以上、昔からあるまさに豪邸街です。

平均納税額は19万6千ドル(212万ちょっと)、これは州税です。

アメリカはさらに泣く子も黙るIRSに

連邦税を納税しなくてはなりませんので、

彼らは毎年テスラやメルセデスが買える位の額を納税しています。

さらに持ち家ならば高い固定資産税も何万ドルと払っている事でしょうから

高級車数台分は確実に税金に消えていると思われます。

 

パロアルトの家は1エーカー以下でなくてはなりません。

それでもこのランクのトップ25に2つのエリアが入りました。

 

第6位にダウンタウンやクレッセントパークと呼ばれる住宅街をカバーする郵便番号が

ランクイン。世帯平均収入は1ミリオンを超えています。

ミッドタウンと呼ばれるまさにパロアルトの真ん中あたりが23位でした。

その他にシリコンバレーからリスト入りしたのがロスアルトス、

あとはサンフランシスコのZIPコードです。

南カリフォルニアからはニューポートビーチやサンタモニカ。納得ですね。

 

なお、このランクは世帯数が20以下のエリアは入っていないそうです。

この計算方法だと例えばディズニースタジオのあるエリアは

平均納税額が7.7ミリオンになってしまうんだそうな。

 

逆に納税額の低いランクも、

サンルイオビスポの平均収入が1万ドルを割ってしまっているけど、

敷地のほとんどが学校だからだとか。

あとは広大な農場で季節労働者が多く来るエリアなどもランクインしていますが、

背景には事情があるのでそんなに恐れなくても大丈夫です。

 

これまでにも紹介してきた地図と同様、あくまでも参考程度に活用して下さい。

 

 

siliconvalleyway.hatenablog.com

 

 

siliconvalleyway.hatenablog.com

 

卒業記念写真のフォロー

きのう卒業式で写真を撮っている業者が商魂たくましいという話を書きました。

悪口?の後のフォローじゃないですが、ひとつ彼らのいい所を載せましょう。

式典の後に残っているカメラマンをつかまえて

”家族写真撮ってよ”などと言うとリクエストに応じてくれるそうです。

顔認識機能などを使って、注文もまとめてできるようにしてくれるとか。

 

プロに家族写真を撮ってもらうのは予約とかセッティングが大変ですからね。

その場で気軽に撮れるのはいい事です。

親戚などを遠方から呼んでいる人などにはいい記念になると思います。

 

私、いつも悪口言ってるだけじゃないのよー。

と、自分にもフォローしておこう!

Graduation party・・・卒業パーティー

アメリカは本当にパーティー文化だと思います。

学校を卒業したら、誕生日パーティーと同じようなノリで

Graduation Partyがそこかしこで行われます。

卒業式が終わった直後やその近辺の週末に集中していました。

しばらくすると皆さんバカンスに出てしまって集まるのが難しくなります。

 

誕生日のようにみんながギフトを持って集まり、

お返しの品が用意されるパターンが多いです。

この時期、お店に行くと、卒業式の帽子をかたどったグッズや

"Class of 2019"などと書いた卒業グッズが置いてあるのですが、

背景にはこういうお祝い文化があるのですね。

大きな家やプールなど子供達が集まれる家では

数名分のパーティーを合同でやっているパターンもあります。

この時期のパーティーはアルコールやドラッグがあるのではないかという噂です。

過去に事件もありました。

また夜中まではしゃいだりマナー違反があって警察が呼ばれる事もあります。

ハーバードに進学中の友達のお兄さんもパーティー中に警察が呼ばれ

冷や汗かいた事がありました。真面目な子だって普通にパーティーに参加してます。

 

大学で寮生活になったらそれこそ大人の監視がなくなるので

教育熱心なこの辺の親でも

親の目のある内に多少経験してもらってもいいような雰囲気。

目をつぶっている感じ。大人が差し入れるという噂も有り。

私はアメリカの大学を出ていないのでわかりませんが、

日本人の感覚からしたら風紀はもっと乱れているという噂です。

さすがマリファナが合法のエリアです。

 

うちの子はワイナリーを所有するファミリーの子から招待を受けたのですが、

生憎予定が重なり、場所も離れていたので行く事ができませんでした。

”ワインも飲めないのにワイナリー?”って言ったら”あると思う”との答えでしたが、

欠席したので真相はわかりません。

それなのに車で行こうとしていたのでちょっと勘弁!というか

若気の至りは恐ろしいと感じました。

後日、友達と会った時にギフトだけ渡したら、律儀にお返しが来て、

なんとお返しの方が高かったという後日談付き。ごめーん!

こういうお友達とはいつまでも仲良くして、次は母も一緒に誘ってもらいたいわ。

 

ところで以前、卒業式に着るガウンと帽子を売る業者のウェブサイトがあくどすぎて

先生がわざわざオプション無しのガウンを通常価格で買う方法の

ビデオを作らなくてはならなかった話をブログに載せましたが、

卒業写真を撮った業者もなかなかの曲者でした。

 

中学も高校も式典のステージにカメラマンがスタンバイしていて、

子供達はわざわざそこで立ち止まって写真を撮ります。

校長先生と一緒のパターンと卒業証書(偽のファイル)を持ったパターンなど。

うちの子の学校はマンモス校で卒業証書はあとからピックアップだったので、

写真を撮るためにステージを横断したようなもんでした。

 

業者は一社で、父兄は後からその業者に写真を注文します。

卒業式じゃなくても、普通のスクールイヤーでも指定業者は一社のみで、

必要もない大きさの写真を沢山パッケージにして高く売るのが通常。

おじいちゃん、おばあちゃんにもお財布の中用にも勧めてきます。

うちのおじいちゃん、おばあちゃんは写真を送られて正直迷惑顔でした。

バスタオルだってカレンダーだって作れます。

デジタルデータが欲しいと思っても、高いです。

ましてや卒業式。いろんなパッケージを勧められます。

 

高校の写真は事前にアカウントを作ると20%OFFだとメールが回ってきたので

わざわざ指定されたWebページにアクセスしたのですが、

何度サーチしても高校の名前が出てこない。

色々試してダメだったのでカスタマーセンターに連絡したら、

返事は来たのですが、まだ高校のセットアップができていないとの返事。

これは嘘です。過去にもこの高校は使っているし、他の場所でサーチすると出てくる。

ただ単に20%オフのプリレジストレーションができないのです。

 

そうこうしている内に卒業式本番の日になりました。

もう当然事前登録はできません。

 

あなたの子供の写真が買えますとの

名前&サンプル写真入りの宣伝メールがじゃんじゃん来始めました。

どうして私のアドレスがわかるのでしょう?

今も毎日来ています。

もうムカついたから買うのをやめました!

というか、それもあるけど、十二分に子供の写真は集まりました。

素直に登録できてたら買ってたのに。

私みたいなひねくれ者はカリフォルニアには少ないのかな?

 

4年前、中学の卒業写真は、何年経っても

”今からでもまだ買えます””あの時の感動を再び”的なメールが何通も来ました。

もうこれでこの業者もunsubscribeしてメールを断ってもいいのかな?

あ、でももう一人いるんだった。

もうしばらくアメリカの”ザ・資本主義”商売に付き合わなくてはいけません。