Trader Joe Sanをめぐる戦い

先日、私の愛するTrader Joe'sの

ブランドラベルの廃止についてのブログを書きました

が、

反対運動が起きて、

トレジョ側も”これは人種差別ではない”といい始めているようです。

つまり、Trader Joe Sanは終焉にならないかもです。

 

トレジョの品物には様々な国際名がつけられています。

これは”人種差別的”と高校生が署名を集めた事で、廃止される事になったというのが前回のお話。

詳しくはコチラ。

 

siliconvalleyway.hatenablog.com

 

個人的にはこのニュースを悲報として受け止め

悲しんでいた所、バックラッシュ!

 

詳しくはコチラ(英文)。 

www.latimes.com

 

もともと廃止の方向ではあったようですね。

もうこの先は世論にまかせます。

 

で、

私的にはこのニュースを面白く受け止めました。

トレーダージョーさん以外にも国際名がまだあった!からです。

 

前回紹介したのが

メキシコならTrader Jose(ホセ)、

イタリアンはTrader Giotto's(ジオット)、

中華はTrader Ming's(ミンズ)、

タイはThai Joe(タイ ジョー)。

 

さらにこの記事からもっと紹介しましょう。

フレンチがTrader Jacques(ジャック)、

ドイツ、Baker Josef’s(ヨーゼフ)、

 

マイケルがミシェール、ミカエラ、

ダニエルがダニエラなどと元は同じ名前でも国によって違う感じに発展する事はよくあります。

Joe・ジョーの発展系が色々見られて面白いなぁと。個人的には楽しんでました。

 

大統領候補のジョー・バイデンさんも、ドイツ風ならヨーゼフなのですね。

スペイン語読みならホー?

 

中東のものには

Arabian Joe’s、Armenian Joe’s(アラビアン ジョーとアルメニアン ジョー)と記してあるそうです。

 

アルメニアは買った事がないぞ。

何だろう?探してみるか。

 

という事でやっぱりトレジョに足が向いてしまう私でした。。。

米国の留学生に関する措置

留学生ビザ事情が2転3転しています。

大統領の留学生の入国禁止発表後に

裁判が起き、撤回。

中国スパイ事件を機に入国管理局がダメ発言。

そしてガイダンスの発表が以下です。

つまり、現状では3月以降の留学生はオンライン授業だけだと入国できないという事です。

知り合いにも9月から留学予定の子がいるのですが。。。。。

 

領事館からのメールを転載します。

 

●米移民・関税執行局(ICE)は7月24日、米国の大学等への留学生の入国に関する方針を発表しました。主な内容は以下のとおりです。

- 3月に発出されたガイダンス(https://eur06.safelinks.protection.outlook.com/?url=https%3A%2F%2Fwww.ice.gov%2Fdoclib%2Fsevis%2Fpdf%2Fbcm2003-01.pdf&data=02%7C01%7C%7Ce2201b5cf4bc42b0ae6c08d83343dc7b%7C84df9e7fe9f640afb435aaaaaaaaaaaa%7C1%7C0%7C637315713832663791&sdata=RAaMNXugIV6PgxfCWzADfLxyXm1joZIS28SNnG%2Bhji8%3D&reserved=0
)は、3月9日までに米国の学校に入学していた学生に適用される。
- 3月9日までに米国の学校に入学していた学生は、全授業がオンラインであっても米国に滞在できる。
- 3月9日より後に新たに留学予定の学生は、留学先の学校が全授業をオンラインで行う場合、入国を認めない。
- 学校側に対しては、完全オンライン受講で留学を予定している米国外の学生に対して必要書類(「I-20」)を発行しないよう求める。

※ICE発表の本文や関連する情報は、以下のサイトをご覧ください。
<ICE>
https://eur06.safelinks.protection.outlook.com/?url=https%3A%2F%2Fwww.ice.gov%2Fnews%2Freleases%2Fice-continues-march-guidance-fall-school-term&data=02%7C01%7C%7Ce2201b5cf4bc42b0ae6c08d83343dc7b%7C84df9e7fe9f640afb435aaaaaaaaaaaa%7C1%7C0%7C637315713832663791&sdata=lrXjM11E15EEy27dkKFxKlDmolzfzMQKRRQieS8trkg%3D&reserved=0
https://eur06.safelinks.protection.outlook.com/?url=https%3A%2F%2Fwww.ice.gov%2Fdoclib%2Fsevis%2Fpdf%2Ffall2020faq.pdf&data=02%7C01%7C%7Ce2201b5cf4bc42b0ae6c08d83343dc7b%7C84df9e7fe9f640afb435aaaaaaaaaaaa%7C1%7C0%7C637315713832663791&sdata=LI4KJwOlgYReDbgAsc8h1zlyey5WcAWYTeSubpPh9DU%3D&reserved=0
<国務省>
https://eur06.safelinks.protection.outlook.com/?url=https%3A%2F%2Ftravel.state.gov%2Fcontent%2Ftravel%2Fen%2FNews%2Fvisas-news%2Fsevp-online-course-guidance-for-f-and-m-students-for-fall-2020.html&data=02%7C01%7C%7Ce2201b5cf4bc42b0ae6c08d83343dc7b%7C84df9e7fe9f640afb435aaaaaaaaaaaa%7C1%7C0%7C637315713832663791&sdata=zEej7bCf0fB0TcuvcmjNZAnwJWfWHRjesJH51yA%2Fk8M%3D&reserved=0

※現在留学中又はこれから留学を予定されている方におかれては、引き続き情報収集に努めていただき、学校側ともよくご相談いただくようお願いいたします。

※できる限り正確な情報を記載するよう努めておりますが、ご自身に関係する事項については米側当局が提供する情報に依拠してください。

在サンフランシスコ日本国総領事館
Consulate-General of Japan at San Francisco
領事・警備班
TEL:415-780-6000
HP : https://eur06.safelinks.protection.outlook.com/?url=https%3A%2F%2Fwww.sf.us.emb-japan.go.jp%2Fitprtop_ja%2Findex.html&data=02%7C01%7C%7Ce2201b5cf4bc42b0ae6c08d83343dc7b%7C84df9e7fe9f640afb435aaaaaaaaaaaa%7C1%7C0%7C637315713832663791&sdata=x%2FayPaGIQ5hLidVG6IZ9IF%2BJlMtI6yBsenlRijTG2R0%3D&reserved=0

■本お知らせは、ご本人にとどまらず、家族内、組織内で共有いただくとともにお知り合いの方にもお伝えいただきますようご協力のほどよろしくお願いいたします。
■このメールは在留届・たびレジ・メルマガに登録した方に配信しています。
※「たびレジ」に簡易登録した方でメールの受け取りを希望しない方は、以下のURLから変更・停止の手続きをしてください。
(変更)https://eur06.safelinks.protection.outlook.com/?url=https%3A%2F%2Fwww.ezairyu.mofa.go.jp%2Ftabireg%2Fsimple%2Fauth&data=02%7C01%7C%7Ce2201b5cf4bc42b0ae6c08d83343dc7b%7C84df9e7fe9f640afb435aaaaaaaaaaaa%7C1%7C0%7C637315713832673784&sdata=l77j5RaPHW6O99VavjPl4RO2AwwzR5jk51dcKysxOMk%3D&reserved=0
(停止)https://eur06.safelinks.protection.outlook.com/?url=https%3A%2F%2Fwww.ezairyu.mofa.go.jp%2Ftabireg%2Fsimple%2Fdelete&data=02%7C01%7C%7Ce2201b5cf4bc42b0ae6c08d83343dc7b%7C84df9e7fe9f640afb435aaaaaaaaaaaa%7C1%7C0%7C637315713832673784&sdata=Fedn7ohYFlyni1uMhBc0%2Fx7rflU5yy8thaQd4oIS57s%3D&reserved=0
※「在留届」を提出した方で帰国・移転した方は、以下のURLで帰国又は転出届を提出してください。https://eur06.safelinks.protection.outlook.com/?url=https%3A%2F%2Fwww.ezairyu.mofa.go.jp%2FRRnet%2Fresidencereport%2Flogin&data=02%7C01%7C%7Ce2201b5cf4bc42b0ae6c08d83343dc7b%7C84df9e7fe9f640afb435aaaaaaaaaaaa%7C1%7C0%7C637315713832673784&sdata=nDp2KvepvmzvNgi7G7IvvV5aAVfDRj4h%2BTH9sJNjx%2FA%3D&reserved=0

Trader Joe Sanの終焉

私の愛するトレーダージョーズでは、

様々なインターナショナルフーズのラベルにその国風の名前をつけています。

 

メキシコならTrader Jose(ホセ)、イタリアンはTrader Giotto's、

中華はTrader Ming's、Thai Joeはタイといった具合です。

和食はトレーダージョーさん

 

そんな芸の細やかさも好きだったんですが、

BLM(黒人の命も大切)運動の一貫でトレジョの棚から消える事になりました。

 

17歳の高校生がこうした人種差別的な表現をやめて欲しいと数千人の署名を集めたそうで

Veri Veri Teriyakiソースとかから”さん”付けが消えてしまうのですね。

 

SNSのアンケートでは”反対””賛成”が拮抗していました。

私と同じ思いの人も多いようだけど

これも時代の流れです、、、ね。

 

ちょっと悲しい私は、racist・人種差別主義者になるの〜〜〜?

差別ではなく、好意的な区別だと思ってるけど

もう、こうした垣根もなくしていかなくてはいけないのでしょうね。

 

 

siliconvalleyway.hatenablog.com

 

【広域情報】犠牲祭(イスラム教の祝日)期間に伴う注意喚起

世知辛いですね・・・領事館からのメールを転送します。

 

●7月31 日(金)から8月3日(月)頃までは、イスラム教の犠牲祭に当たります。
●大規模行事はテロ等の標的となり易いことに留意し、最新情報の入手に努めてください。特に、ISIL等のイスラム過激派組織が、新型コロナウイルスの感染拡大の中で欧米諸国が麻痺と恐怖に襲われていることにつけ込み、欧米諸国に攻撃を仕掛けるよう呼び掛けていることに留意してください。
●外務省海外安全ホームページに掲載されているテロ・誘拐情勢のほか、危険情報、感染症危険情報、入国・行動制限措置に関する情報や各国国内の行動制限等に関する在外公館からのお知らせ等の最新情報の入手に努めつつ、安全確保に十分注意を払ってください。

詳細は以下のリンク先をご確認ください。
(PC)==> https://www.anzen.mofa.go.jp/info/pcwideareaspecificinfo_2020C061.html

出発前には海外安全ホームページをチェック!
https://www.anzen.mofa.go.jp/

このメールは在留届を提出した方と「たびレジ」に登録した方に、配信しています。

※「たびレジ」に簡易登録した方でメールの受け取りを希望しない方は、以下のURLから変更・停止の手続きをしてください。
(変更)https://www.ezairyu.mofa.go.jp/tabireg/simple/auth
(停止)https://www.ezairyu.mofa.go.jp/tabireg/simple/delete

※「在留届」を提出した方で帰国、移転した方は、以下のURLで帰国又は転出届を提出してください。
https://www.ezairyu.mofa.go.jp/RRnet/residencereport/login

このメールは送信専用メールアドレスから配信されています。このままご返信いただいてもお答えできませんのでご了承ください

〔お問合わせ先〕
外務省領事サービスセンター(海外安全相談班)
〒100 - 8919
東京都千代田区霞が関2-2-1
電話:03-3580-3311 内線 2902

コミュニティカレッジと4年生大学の違い

コロナ禍で思うようにテスト対策ができず

今年の受験生も色々な選択肢を模索している事でしょう。

カリフォルニアの公立大学は州内の学生比率が高くなったそうです。

 

そんな中でコミュニティカレッジを選択肢に入れようか考えている方に興味深い記事を見つけました。

 

www.usnews.com

 

コミュニティ大学と4年生大学の4つの違い。

 

これによると

 

1 ほとんどのコミュニティカレッジに寮がない

多くのカレッジはどこかに家を借りて”通う”スタイルになります。

近所なら車通学とか。

学校側も家探しの協力をしてくれたりしますが、この分のリスクと費用を見積もらなくてはなりません。

 

2 学生のダイバーシティが豊富

仕事をしている学生や年上の学生などの比率が高いです。

私も渡米直後のESLクラス(英語クラス)で、アダルトスクールに通ったのですが、

一定レベルまでしかクラスがなくてすぐに卒業させられ

コミュニティスクールのクラスに振り分けられました。

(赤ん坊と一緒で大丈夫なクラスはないのと宿題に怯えた私は

チューターに切り替えて7年勉強しましたよ。なのに英語はこのレベル。。。)

 

3 課外活動探しは大変

クラブ活動などは4年生大学に比べて少ないです。

学生がキャンパスに住んでいないので、そういう点では日本の大学に似ているかも。

 

4 その土地の特徴が出ている

郷土感に溢れるというか、その土地の特性にあふれているそうです。

地元学生が多いのも理由のひとつでしょうか。

カリフォルニアとユタとアイダホとバージニアはそれぞれ違った雰囲気になるって事ですね。

 

コミュニティカレッジを考えるならこうした特徴を考慮しておく必要があります。

コミュニティカレッジは学費も安くて、希望者はほぼ全員合格できます。

カリフォルニアだったら週内の他の大学への編入の後押しをしてくれ、

その際は100%の合格率を謳っています。

(ただし、上位2つのUCLAとUCバークレーを除く。)

 

コミュニティカレッジから4年生大学へ編入するというのもひとつのルートで、

実際に何人もこのパターンで編入しています。

UCバークレーに行った人もいますよ。

100%ではないのでしょうが、合格率は悪くないと思います。

 

編入希望の場合は、多種多様な人間が通っているので

周りに流されず強い意思を持って勉強を続ける事が大切です。

編入希望の学生率もだいぶ高くなっているそうです。

 

 

siliconvalleyway.hatenablog.com

 

留学生ビザは再開されます

排他的な政権に変わってから、外国人ビザに冷たい仕打ちが次々と打ち出されています。

 

つい最近出された、

学校が100%オンライン授業なら学生にビザは出さない

ビザで滞在している学生はオンライン授業なら出国か転校しなくてはならない

という命令は反対派が多く、取り下げられました。

やれやれ。

 

UCやカリフォルニア州立大学、南カリフォルニア大学などは

コロナ禍で早々にオンライン化を打ち出していました。

 

毎年留学生は100万人ほどアメリカの大学に来て

410億ドルもお金を落としてくれています。

 

学生ビザの多くはアジア人だそうで、現政権はアジア人をターゲットにしたのでしょうか?

 

このびっくり政策が打ち出されるとすぐにハーバードとMITが政権を訴えました。早かった!

さらにUCやボストン大学なども裁判をサポート

大学以外にも、カリフォルニア州など17の州も裁判を起こしたり、サポートを表明、

グーグル、ツイッターなどの企業や共和党の議員すらもサポートを表明したそうです。

 

これで政権は命令を取り下げざるを得なくなりました。

 

でもまだグリーンカードの新規発券はしていないですし、

HやLビザも新規は出していません。

これはアジア人のビジネスマンとかがもろに割りを喰らってます。

すでにビザのある人も更新がどうのとか、

出入国を実際にやっている所のガイドラインがまだだとかで出入りの自粛を勧められているそう。

コロナ禍とはいえ、急用は発生するので

子供が生まれるのに家族が離れ離れとかのケースが出ているそうです。

日本はEビザが使えるので、中国やインドよりはましな立場なようですが・・・。

これも誰かが訴えれば措置が逆転する可能性があるという事です。

グーグルさんとか訴えてくれないのかな???

 

それにしても一人の大統領の権限って大きいですね。

こんなにも色々な事が起こるなんて!

もし今度の選挙で政権が変わったら、直前にやたらめったら無茶振りしそう(恐)

誰かが、ホワイトハウスに籠城して出ていかないなんて言ってたけど。。。

どうなるんでしょう?!

 

 

siliconvalleyway.hatenablog.com

 

新型コロナウイルス(加州全域で一部ビジネスの屋内営業を禁止等)

ジムや美容室、再開したと思ったら、またクローズ!

髪の毛を切れた人はラッキーですね。もう4ヶ月かぁ。

領事館からのメールです。

 

●カリフォルニア州全域で一部ビジネスの屋内営業を禁止する措置が発表されました。
●ネバダ州もクラークやワショー等7郡でバー等を再び閉鎖する措置が発表されました。

1.カリフォルニア州の状況 
(1)最新の報道によると、州内における感染者数は335,487人で死者数が7,100人、ベイエリアにおける感染者数は36,640人で死者数が658人となっています。
(2)州知事は7月13日の記者会見で、州全域で一部のビジネスにおける屋内営業を禁止する措置等について概要以下述べました。
- 病院患者数の増加が続き、ICU患者数も増加傾向にある。陽性率も14日間平均で7.4%、7日間平均で7.7%と上昇している。
- 13日付けで州内全ての郡において、レストラン、ワイナリー、映画館、ボーリング場等の娯楽施設、博物館等の屋内営業を禁止する。
- いわゆる「モニタリングリスト」(州政府が特に注視している郡のリスト)に3日間以上含まれる郡においては、上記に加え、フィットネスセンター、礼拝所、必要不可欠でないオフィス、各種サロン等のパーソナルケアサービス、美容院・理容院、ショッピングモールにおける屋内営業を禁止する。
(最新の「モニタリングリスト」対象郡についてはカリフォルニア州ウェブサイト(https://nam11.safelinks.protection.outlook.com/?url=https%3A%2F%2Fcovid19.ca.gov%2Froadmap-counties%2F&data=02%7C01%7C%7Cec789ee4d71d4d8a5fee08d8282bc783%7C84df9e7fe9f640afb435aaaaaaaaaaaa%7C1%7C0%7C637303515773471683&sdata=CplLIZ5IIrUG45VAfR9OLo4S0AT9d%2F1zjLmonFUMo6o%3D&reserved=0)をご参照ください。)

2.ネバダ州の状況
(1)最新の報道によると、州内における感染者数は29,619人で死者数が612人となっています。
(2)7月11日より、感染が拡大している郡と見なされたクラークやワショー等州内7郡において、食べ物を提供しないバーやパブ、ワイナリー等が再び閉鎖されるなどの措置が発表されました。

3.感染予防と感染拡大防止
 カリフォルニア州知事は13日の記者会見で、効果的な治療法が見つかるまで長期的に感染拡大を防止していく必要があり、住民は新たな行動が求められ、世帯以外の人との交流を制限して欲しいなどと呼びかけています。
 皆様におかれましては、地元当局等による最新情報を収集するとともに、引き続きこまめな手洗い、ソーシャルディスタンス、フェイスカバーの着用を励行し、ご自身やご家族の感染予防並びに感染拡大防止に努めてください。

在サンフランシスコ日本国総領事館
Consulate-General of Japan at San Francisco
領事・警備班
TEL:415-780-6000
HP : https://nam11.safelinks.protection.outlook.com/?url=https%3A%2F%2Fwww.sf.us.emb-japan.go.jp%2Fitprtop_ja%2Findex.html&data=02%7C01%7C%7Cec789ee4d71d4d8a5fee08d8282bc783%7C84df9e7fe9f640afb435aaaaaaaaaaaa%7C1%7C0%7C637303515773471683&sdata=aTkRdk6kNTzMbr2LOPID4CLVxyWYZ61EhL9PP2ySaW8%3D&reserved=0

■本お知らせは、ご本人にとどまらず、家族内、組織内で共有いただくとともにお知り合いの方にもお伝えいただきますようご協力のほどよろしくお願いいたします。
■このメールは在留届・たびレジ・メルマガに登録した方に配信しています。
※「たびレジ」に簡易登録した方でメールの受け取りを希望しない方は、以下のURLから変更・停止の手続きをしてください。
(変更)https://nam11.safelinks.protection.outlook.com/?url=https%3A%2F%2Fwww.ezairyu.mofa.go.jp%2Ftabireg%2Fsimple%2Fauth&data=02%7C01%7C%7Cec789ee4d71d4d8a5fee08d8282bc783%7C84df9e7fe9f640afb435aaaaaaaaaaaa%7C1%7C0%7C637303515773471683&sdata=Nt91G57nkhNraxtA6TwSZzHP%2FZ64%2BBPeEd49ucc8G%2Bw%3D&reserved=0
(停止)https://nam11.safelinks.protection.outlook.com/?url=https%3A%2F%2Fwww.ezairyu.mofa.go.jp%2Ftabireg%2Fsimple%2Fdelete&data=02%7C01%7C%7Cec789ee4d71d4d8a5fee08d8282bc783%7C84df9e7fe9f640afb435aaaaaaaaaaaa%7C1%7C0%7C637303515773471683&sdata=XPvzMj980QefBJJo3OnB1QyA67Cm1dxboGax3zvNtf4%3D&reserved=0
※「在留届」を提出した方で帰国・移転した方は、以下のURLで帰国又は転出届を提出してください。https://nam11.safelinks.protection.outlook.com/?url=https%3A%2F%2Fwww.ezairyu.mofa.go.jp%2FRRnet%2Fresidencereport%2Flogin&data=02%7C01%7C%7Cec789ee4d71d4d8a5fee08d8282bc783%7C84df9e7fe9f640afb435aaaaaaaaaaaa%7C1%7C0%7C637303515773471683&sdata=EnPi5pKPIOkejCTtkNRo1j7HbJqyJWGoQZCtf0%2BKGMQ%3D&reserved=0