【広域情報】冬休みの海外安全対策と「たびレジ」登録のお願い

そのまま転送です。

 

●出発前の準備
海外安全ホームページや「たびレジ」登録により,渡航先の最新の安全情報を入手してください。
海外旅行保険に加入し,家族,友人,職場等に日程や連絡先を伝えておいてください。
●テロ等への注意
観光名所やイベント会場等がテロの標的になる可能性があります。最新の治安情報を確認して安全確保に努めてください。
●犯罪等に関する安全対策
強盗等には,絶対に抵抗しないでください。
違法薬物に関わると,外国人でも死刑等の重刑が科される場合があります。
●感染症に関する安全対策
渡航先の感染症関連情報を確認して必要な対策を取ってください。

詳細は以下のリンク先をご確認ください。
(PC)==> https://www.anzen.mofa.go.jp/info/pcwideareaspecificinfo_2018C170.html

出発前には海外安全ホームページをチェック!
https://www.anzen.mofa.go.jp/

このメールは在留届を提出した方と「たびレジ」に登録した方に、配信しています。

※「たびレジ」に簡易登録した方でメールの受け取りを希望しない方は、以下のURLから変更・停止の手続きをしてください。
(変更)https://www.ezairyu.mofa.go.jp/tabireg/simple/auth
(停止)https://www.ezairyu.mofa.go.jp/tabireg/simple/delete

※「在留届」を提出した方で帰国、移転した方は、以下のURLで帰国又は転出届を提出してください。
https://www.ezairyu.mofa.go.jp/RRnet/residencereport/login

このメールは送信専用メールアドレスから配信されています。このままご返信いただいてもお答えできませんのでご了承ください

〔お問合わせ先〕
外務省領事サービスセンター(海外安全相談班)
〒100 - 8919
東京都千代田区霞が関2-2-1
電話:03-3580-3311 内線 2902

年末年始等を控えてのパスポートの管理について

いつものように領事館からのメールを転送します。

 

○クリスマス休暇や年末年始休暇を利用して一時帰国したり、近隣国を旅行する計画を立てていらっしゃる方は、ご自身やご家族のパスポートの有効期間が満了していないか、今一度ご確認ください。
○また国によっては、入国のために、パスポートに一定以上の有効期間(主に3ヶ月から6ヶ月)が残っていることを要求している場合があります。
○当館においては、12月20日(木)までに申請を受付けたものについては年内に交付が可能(最終交付は12月28日(金))です。12月21日(金)受付分からは翌年1月4日(木)以降の交付となります。

1.パスポートの有効期間の確認
  クリスマス休暇や年末年始休暇を利用して一時帰国したり、近隣国を旅行する計画を立てていらっしゃる方は、ご自身やご家族のパスポートの有効期間が満了していないか、今一度ご確認ください。
  例年、この時期に旅行の前日や当日になってパスポートが失効していることに気づき、フライトや旅行日程を変更せざるを得ない方が見受けられます。
  パスポートが失効している場合は、早めに申請手続を行ってください。
  また、国によっては、入国のために、パスポートに一定以上の有効期間(主に3ヶ月から6ヶ月)が残っていることを要求している場合があります。事前に渡航予定の国の大使館ホームページ等で確認されることをお勧めします。

 2.年末年始の休館
  当館は、土日のほか12月24日(月)、25日(火)及び年末年始(12月29日(土)から翌年1月3日(木)まで)は閉館します。また、当館を含む各在外公館における年末年始の直前又は期間中のパスポート紛失・盗難等の手続及び新たなパスポートの申請手続は原則として1月4日(金)以降となります。
  万一、この期間にパスポートを紛失等されますと、旅行の予定を変更し、パスポートを紛失等した国に数日間滞在しなければならなくなることにもなりかねませんので、旅行中のパスポートの管理については、特に注意をしてください。
  なお、当館においては、パスポートの申請から発給までに通常一週間(土日・祝日を除く5開館日)を要しますが、12月20日(木)までに申請を受付けたものについては年内に交付が可能(最終交付は12月28日(金))です。12月21日(金)受付分からは翌年1月4日(金)以降の交付となります。

  ※詳しくは当館ホームページを御覧いただくか,当館領事班までお問い合わせください。
https://www.sf.us.emb-japan.go.jp/itpr_ja/18_1109a.html



<問い合わせ先>
在サンフランシスコ日本国総領事館
Consulate-General of Japan at San Francisco
領事・警備班
TEL:415-780-6000
FAX:415-767-4200
領事窓口時間:月曜から金曜(祝日を除く)午前9時30分から正午、午後1時から午後4時30分
Window: Monday to Friday, 9:30a.m. to 4:30p.m., closed from noon to 1:00p.m.
Telephone Inquiry: Monday to Friday, 9:00a.m. to 5:00p.m., closed from noon to 1:00p.m.

近頃流行なもの・・・Tポーズ

これまた超ローカルかもしれませんが、

中学校ではTポーズなるものが流行っています。

ただ両手を水平に広げるポーズです。

 

訳わからなくてちょいと調べてみましたが、

どうもゲームがらみなようですね。

Fortniteとかけっこう流行ってますし、

マリオもこのポーズをしてます。

 

ネットで検索すると

中学生くらいの男の子がやたらと色んな所で手を広げてるビデオとかが出てきて、

なんか良くわかんないけど、おかしいです。

 

以前、ダブが流行った時もそうですが、あんまり意味なくてもいいんでしょうね。

なんか流行っちゃう感じ。

 

Kポップのアイドルは可愛く”TT”ってやってたけどちょっと違う。

 

日本のお笑いがやってるTT兄弟、

これ、もしかしたらTポーズブームに乗って流行るかも。

言葉がわからなくても笑えるし。

ピコ太郎超えを期待してます〜。

 

 

siliconvalleyway.hatenablog.com

 

倒産と引っ越しのお知らせメール

知り合い一家が最近南カリフォルニアに引っ越しました。

そして昨日彼らからお知らせメールが。

 

CHAPTER
ELEVEN

OUR NEW HOME

 

そこにはいきなり↑と書いてありました。

Chapter eleven (11)とは倒産のこと。

 

ここの家はご主人がベンチャー企業を立ち上げて、

パロアルトのダウンタウンにおしゃれなオフィスを構えていたのです。

つまり、倒産したから引っ越しましたという案内です。

 

これを

パーティーのインビテーションによく使うウェブサイトを通して送ってきたのです。

おしゃれなカードのデザインのメールが届き、

リンクをクリックすれば返信も送れるようになっています。

 

う〜ん、明るい!悲壮感が漂っていない。

確かにパーティーの一斉メールを送るには便利なシステム。なんだけど。

 

こちらの倒産とか自己破産は

もちろんメチャクチャ大変だろうけど、

日本よりも残される資産があるし、本人達の再生も可能。

実際、彼らは先週一週間ほどこちらに遊びに来ていました。

奥さんがラテン系ってのもあるけど、なんかおおっぴらで明るいなぁと思います。

日本だったら倒産=夜逃げとか、子供が学校に行きづらいとか、

そんなイメージが連想されるのですが。

彼らは孤立してません。

 

新しい住居は海のすぐ近くの楽しそうな場所。

遊びにきてねって書いてあったから、すぐにでも行きたくなるような場所です。

シリコンバレーはなんでも値上がりし続けていて、みんな大変。

人間も理系や有能な人が多くて真面目な雰囲気。

みんなすごく頑張るから独特のストレスがあります。

パロアルトのマクドナルドの時給は全米で一番高いそうですよ。

 

少し南へ行って、海のそばの物価が安いエリアで

ストレス少なく過ごすのもいい生き方かなぁと思いました。

シリコンバレーっぽいエピソードだったので紹介させてもらいました。

 

車のExtended Warrantyはいらない?!

車の全損事故から7ヶ月経って、

ようやくExtended Warrantyの一部が返金されてきました!!!

 

新車を買うときにディーラーから強く勧められるのが

Extended Warranty・オプションの保証です。

最低限の保証は法律で守られているので何かしら付いています。

それ以外に、例えばタイヤがパンクしても無償で直しますとか、

ワイパーブレードの交換が無料になるとか、何マイルまで面倒見ますとか、

いろんな保証があります。

これをいろんな会社が提供していて、ディーラーが窓口になっている訳です。

 

自動車保険も最低限のものは買わなくてはいけないもので、

あとはオプションの任意保険ですが、日本人は大抵は入りますよね。

そんな感覚で私たちはこれまでこのWarrantyを購入し続けていました。

そういえば前の車を売った時にもまだ保証期間は残っていたのだったと

今頃になって気付きます。

 

今回の事故はまだ購入間もなくの車が全損になったので

私は”返金だ〜”と騒ぎましたけど、

普通の人はそんな所に気が回らないまま、次の車を買い替えてしまうそうです。

 

いろいろとネットでも調べましたが、

大多数はディーラーにとってのドル箱だという意見でした。

そして多くの場合、ディーラーは返金しないそうです。

気付いた人も、残って返金される額がたいした事ないので、

ディーラーがなかなか動かない時点であきらめるそう。

 

車を購入した後も次々とWarrantyを買ってくれ〜ダイレクトメールが届きます。

本当にこれは儲かるんでしょうね。

 

なんで半年以上も経って返金され始めたかというと、

私が本当にしつこく騒いだからです。それでもまだ5つのうちの2つだけ。

 

まずは事故直後に連絡をし、その後も催促メールを出し続け、

ディーラーのカスタマーサービスに連絡し、直接顔を出し。

その度に無視されたり、

やる事やってるよって進捗状況の返事をもらったり色々でした。

直接行った時は、何月何日までにやります的な誓約書までもらいました。

 

が、ダメでした。

 

Consumer serviceに強い弁護士事務所に

メールで問い合わせをしてみた事もあります。

 

無視されました。

 

きっと、成功報酬額が低いか、向こうが忙しいのか。

一社だけで本格的に探した訳ではありませんが。

あ、メールはこの辺では良く無視されます。電話か直接対話が一番です。

 

今回の返金につながったと思われる行動は、

たまたま、次の車の購入を同じディーラーで検討したため、

マネージャーから連絡をもらう機会があったのです。

いくらウェブサイトを探しても出てなかったマネージャーの連絡先がわかったので、

直接訴えました。

 

以前、フォーエバーの返金でムキになった話をブログにあげましたが、

今回もなかなかにしつこい私。嫌な客です。

 

siliconvalleyway.hatenablog.com

 

たまたま元自動車販売員だった人とやりとりがあったので、

Extended Warrantyについての意見を聞いてみました。

彼の意見は、

例えWarrantyをつけていたとしても点検時にカバーされない修理は高いので、

(例えばブレーキパッドの取り替えとか)そういうのは安い町工場で取り替えて、

タイヤ交換などにWarrantyを使えばいいとのご意見でした。

ははぁー、ごもっとも!

 

前の車を預けていた正規ディーラーは、無料点検だったはずなのに、

タイヤのローテーションをするからそれに$100出してくれと言ってきました。

そんなのDiscount Tireとかに行けば無料のサービスです。

Warrantyも何がカバーされるかは契約時の書類に書いてありますが、

リストの内容までは覚えていないし、

車を出してみないとどこに修理が必要かもわかりません。

見積もりの連絡をもらってから、

一つ一つこれはいる・いらないを指示しないとごっそりと費用がかかります。

 

何事も自分で調べもせずに楽していてはダメですね。

ある程度の知識があるとうまく立ち回れます。

 

シリコンバレーで生活する分には舗装された平面をドライブするのが平常なので

そんなに使わない保証ですが、

例えば良く山道を走る人とか車を酷使する生活の人には向いているものだと思います。

 

よって私の意見はExtend Warrantyはいらない!

欲しけりゃ後から買えますしね。

って主張している私の横で、主人は次の車にもたっぷりと購入してしまいました。

翌日に解約と迫ったら、複数あるうちの2つは解約すら不可能だったそうです。

ほらね。返ってこない(怒)

 

 

siliconvalleyway.hatenablog.com

 

【スポット情報】米国(カリフォルニア州):山火事の拡大に伴う注意喚起

領事館からのメールを転載します。

 

【ポイント】
●11月8日にカリフォルニア州北部ビュート郡,同州南部のベンチュラ郡において発生した山火事は現在も鎮火しておらず,多数の死傷者が出ています。
●サンフランシスコ等のベイエリア地域においても山火事の影響による大気汚染等の被害が発生していることから,関係機関や現地報道等からの最新情報を入手し,安全確保・健康管理に努めてください。

詳細は以下のリンク先をご確認ください。
(PC)==> https://www.anzen.mofa.go.jp/info/pcspotinfo_2018C161.html
(携帯)==> http://www.anzen.mofa.go.jp/m/mblatestspecificspotinfo_2018C161.html


出発前には海外安全ホームページをチェック!
https://www.anzen.mofa.go.jp/

このメールは在留届を提出した方と「たびレジ」に登録した方に、配信しています。

※「たびレジ」に簡易登録した方でメールの受け取りを希望しない方は、以下のURLから変更・停止の手続きをしてください。
(変更)https://www.ezairyu.mofa.go.jp/tabireg/simple/auth
(停止)https://www.ezairyu.mofa.go.jp/tabireg/simple/delete

※「在留届」を提出した方で帰国、移転した方は、以下のURLで帰国又は転出届を提出してください。
https://www.ezairyu.mofa.go.jp/RRnet/residencereport/login

このメールは送信専用メールアドレスから配信されています。このままご返信いただいてもお答えできませんのでご了承ください

〔お問合わせ先〕
外務省領事サービスセンター(海外安全相談班)
〒100 - 8919
東京都千代田区霞が関2-2-1
電話:03-3580-3311 内線 2902

キャンプファイヤの山火事から一週間

キャンプファイヤの発生から一週間が経ちました。

繰り返しますが、これは地名から来ています。消失したパラダイスも町名です。

ニュースでは"Camp fire in Paradise"とシリアスな声で伝えています。

もうジョークにできないほどシリアスな状況で

カリフォルニア史上最悪の被害となりました。

これまでに消火されたエリアは40%ほど。まだ半分以上残っています。

せめてもの望みは雨! 

週間予報に雨のマークがつきました。来週後半には雨が降るかも!

 

ベイエリアも翌日から煙が立ち込め、大気の悪い状態が続いています。

 

f:id:SiliconValley:20181116125632j:plain

今朝の太陽。晴天なのに青空も少なく、太陽は煙で赤くよどんでいます。



サンフランシスコではマスクが売り切れ初めているとか。

この辺の人がマスクをして歩くという事が、もう異常です。

日本のような平べったいものではなく、立体的ながっしりしたタイプのマスクですよ。

 

大気の状況がわかる政府のサイトは今、とてもつながりにくくなっています。

民間のウェブサイトを見つけましたので、ここも参考になります。

 

purple air

Map - PurpleAir

 

Weather Undergroundという

民間人が庭先などに観測機を設置して天気データを共有する

有名な天気サイトがあるのですが、そこにPM2.5などのデータがあるようです。

地元のベンチャーキャピタル会社が出資して

air quality・大気汚染度なども見られるようにしたそうです。

細かい数値は観測機ごとに違いがあるので、

増えた減ったの傾向を見るようにするといいと思います。

 

アップルなどの天気画面にも数値は出てきます。

夜になって数値が上がってきました。今は200を超えてvery unhealthyです。

 

風向きなどにより、特に明日は汚染状況がひどくなるようで、

近隣の学校は休校が決まりました。

なのに、パロアルトは休みませんというメッセージが送られてきました。

来週がホリデーだからとも言っています。うーん。。。。。。

 

今夜は冷え込むから汚染物質も沈降して停滞し、ドームのように上空にはびこります。

 

明日の朝はちょっと学校に自転車で行かせたくない感じ。

久々に母出動!過保護だけど車で送迎します。

 

 

siliconvalleyway.hatenablog.com

 

 

siliconvalleyway.hatenablog.com