読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

年収1千万でも低所得者!ベイエリアの驚異的な物価

年収1千万って言ったら、

お金持ちの形容詞

玉の輿の条件だと思ってました。

 

サンフランシスコとその南に広がるサンマテオ・カウンティでは年収$105,350

以下は”low income"=低所得者に定義されるそうです。

今の円ドルレートで大体年収1,160万円以下。

 

それもこのデータ、

U.S. Department of Housing and Urban Development

というお役所が公示した2017年の指標です。

家族4人で満足いく生活ができない目安。

 

あああ・・・ショック。

 

確かに家を買おうとしても1億以下で満足いく家はないでしょう。

パロアルトの中間価格で3億ちょいだったはず。

子供の預け先に一日100ドル、

業者を呼んだら1回100〜200ドル、

家庭教師に1時間100ドル

そりゃマクドナルドの時給が20ドルにもなりますわな・・・。

 

テスラやベンツ、BMWがカローラのように(って古すぎ?)

当たり前にめちゃくちゃいっぱい走ってるエリアですものね。

しかも物価はひたすら上がり続けています。

少し頭のネジを巻き直してこの状況についていかないと。

 

今度、子供のイベントのファイナンシャルエイド、応募してみようかな。

 

 

siliconvalleyway.hatenablog.com