読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Pineapple Express 大雨

Silicon Valley 文化 英会話 自然

大規模な干ばつが続いて庭の水やりにも制限が続いてるベイエリアに

大雨がやって参りました。

恵みの雨・・・を通り越していますね。

North bayでは川が氾濫。

Tahoeなど山には大雪。スキー場のリフトが埋もれている所も。

パロアルトも半分が洪水地帯。川の幅が狭いのですぐに水かさが増します。

この所水が流れていなかったcreekも気づけば濁流。

水位計もほぼ満水になっている所が出ました。

 

でもなんでだろう、まだ深刻な被害がないせいか

少し明るい騒ぎ方をしている気がします。

 

川が氾濫している地域のニュースでも住民がカヤックに乗って移動している映像が

ニュースに流れるけれども、笑顔だったりしてなんだか微笑ましい。

 

ストームだーって騒ぐけど、風速は10〜20マイル、

日本の秒速だと5〜10メートルくらいで話題にもならないような感じ。

日本だったらずっと強風が続くけど、

こっちは無風で時々風が強くなるガスト、風の息というタイプ。

木が多いので、そこら中に枝が落ちて、大木が倒れるニュースはあります。

この大雨も7年ぶりとか色々言われていて

年間降水量の30〜50%の雨が降るらしい。

 

日本だったら注意報や警報はニュースで報道されるから緊迫感が漂うんだけど、

こちらのadvisoryをテレビで見る事は稀。

コメントでちょっと触れる程度。警報文を読み上げたりという事がない。

もっとシビアな現象になったらするのかしら?

 

何よりもニュースを明るく感じさせるのは大雨をもたらしている前線システムの名前がPineapple Express/ パイナップル・エキスプレスだから。これは緊迫感がない!

フルーツの宅配かフードコートのレストランかと思っちゃう。

 

なんでも雨の元になる湿気の供給源が

ハワイ近くの熱帯太平洋から来るからこの名前なんだそうで。

なんだかこの雨も美味しそうに感じてきちゃいます。

 

とは言え、大雨は大雨で、

まだまだ次のストームがやって来るそうなので油断せずに過ごします。

 

では、こちらの方が雨の日に使う締めの挨拶でまとめます。

Stay dry!