読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ハリケーン比較

ハリケーン・マシューがフロリダに向かっていて

130万人もの人達に避難勧告が出ています。

 

一頃はカテゴリー5の勢力を誇り、カリブ海の島々にも大きな被害をもたらしました。

 

カテゴリー5って響きやハリケーンの映像って

台風よりも強力なイメージがあるので、ちょっと比較。

 

台風とハリケーン、サイクロンはいずれも同じ性質の熱帯擾乱で、

存在する場所によって名前が変わります。

過去にハリケーンだったものが

日付変更線を超えたために台風になった事例があります。

 

熱帯低気圧の勢力の強いものが台風やハリケーンと呼ばれる訳ですが、

台風の定義は風速17.2メートル/秒以上、

一方ハリケーンは風速33メートル/秒以上です。

 

台風の強さは中心付近の風速により”強い””非常に強い””猛烈な”と表現します。

ハリケーンはカテゴリー1〜5、

一番勢力の強い”猛烈な”台風は風速54メートル/秒以上を言いますが、

これはハリケーンのカテゴリーでは”3”にしか相当しません。

 

今回のカテゴリー5は風速70メートル/秒以上、

時速にしたら250キロ以上の風が吹いている事になり

・・・ちょっと想像がつきません。

超特急の列車、昔の新幹線の歌の時速ですよね。

これは避難しなくっちゃ。

 

細かい事を言うと、日本の風速は10分間平均の最大風速、

ハリケーンはシンプソン・スケールで1分間平均の最大風速ですので、

多少大きな数字が出やすいです。

 

それでも日本で風速70メートル/秒以上が出た公式記録というのは

1942年の富士山山頂で観測された1回だけ!

最大瞬間風速にしても統計史上8回しか見当たらないです。

 

ハリケーンの威力がどれだけ凄いか、調べてみてよーくわかりました。

 

フロリダでは数千人の人達が避難をせず

ビーチでパーティーしたりサーフィンをしてるとか。

確かに凄い波は来てるんでしょうが

”もう、フロリダの人達、いいから逃げて〜!”と叫びたい。